deraT

【インターネット公開生放送番組・セクステvol.20レポート!】あおいれな、きみと歩実、明海こう、桃香りりがニコ生限界、女性器の濡れ具合など下ネタトーク! 明海こうの誕生祝いも開催!

wakuwaku1honeyPureLOVER

「セクステvol.20」

大手AV芸能事務所に所属するマインズ娘のみんなが主役! 毎回MCが変わるインターネット生放送公開イベント「セクステvol.20」が11月30日に行われました。

今回のMCはあおいれなちゃん、ゲストはきみと歩実ちゃん、明海こうちゃん、桃香りりちゃんが登場しました。

初登場の桃香りりちゃんは「“りりたん”とみんなに呼んでもらいたい」と挨拶。

その桃香りりちゃん、初登場のため新人の登竜門である「ピロピロタイム」に挑戦してもらいます。「ピロピロタイム」は恥ずかしいことをしてもらい、それに反応したファンがピロピロ笛を吹いて興奮状態をアピールするコーナー。今回は小道具を使ってファンを誘惑します。

初登場の桃香りりちゃんが挑戦するかと思いきや、先輩のきみと歩実ちゃんと明海こうちゃんが見本を見せる展開に。

きみと歩実ちゃんはネクタイと花の首飾りレイを使い誘惑しますが、途中でレイが切れるハプニングが発生。本人曰く「亀甲縛りみたいにしたかった」とのことですが残念。きみと歩実ちゃんには笑いの神様がついています。

明海こうちゃんはピコピコハンマーとパペットを使用しオナニー風の演技で誘惑しますが、恥ずかしすぎると顔を赤らめます。

桃香りりちゃんは瓶底眼鏡を着用し、彼氏のトランクスを離さないヘンタイちゃんを演じます。恥ずかしがっていましたが、初挑戦としてはなかなかの演技を見せてくれました。

最後はMCなので安心して見ていたあおいれなちゃんに振られると、しゃもじとネクタイを選択。何とネクタイで手首を縛られたまま、しゃもじを男性器に見立ててフェラチオ姿を公開。これにはファンもニコ生視聴者も大興奮しました。

 

続いては新コーナーの「セクステだいけんきゅう」に。ひとつのテーマを研究していきますが、今回は「女性が濡れるのはどんな時?」といった、ニコ生放送ではかなり攻めたテーマでトークが開始。

エッチの最中に濡れやすい傾向として、「手がしっとりしている」では、「私はかさかさ」と桃香りりちゃん。

「エッチで緊張しない」では、「初めての撮影現場で誰も知らないと緊張する」とはきみと歩実ちゃん。「ドキドキ緊張している方が濡れると思う」とはあおいれなちゃん。「緊張とか関係なく濡れている」とは明海こうちゃん。

「身体が敏感」では、「当たり前な話ですよね」とあおいれなちゃん。トークを聞いているとあおいれなちゃんと明海こうちゃんは濡れやすいそうです。

 

ここからは女性器の形やどんな感じで濡れるかなど、ニコ生ギリギリの下ネタトークがさく裂! そこをギリギリのニュアンスで話す4人はプロです。

そして、「エッチ以外で濡れるのはどんな時か?」を聞かれると、「男性にちょっと触れたり、スキンシップされたりすると濡れる。小学生の時からずっと。小学生の時にイスが濡れていた。授業を受けていただけでも濡れていた。何をされても濡れる。いまも濡れているかもしれない」とあおいれなちゃん。

さらに、「どういうタイプのマン汁か?」とあおいれなちゃんがみんなに聞くと、「舐めた人たちに聞くと無味無臭。ちょっとだけ粘度がある」と明海こうちゃん。あおいれなちゃん自身は「私はネットリタイプ。粘度は高め」と告白。

このトーク、もしかしたらニコ生側は保健体育か人体の科学として放送しているのでしょう(笑)。セクステ史上最大の下ネタトーク回です!

このように終始、下ネタで盛り上がったセクステ。初登場の桃香りりちゃんは「めっちゃ緊張したけど大丈夫かな? みんなが優しくてやりやすかった」と感想を述べてくれました。

公開生番組はここで終了、アフタートークに移ります。

毎回、アフタートークの模様は会場に来ているファンのためのものなので、レポートしませんでしたが、今回は明海こうちゃんの​ちょっと早い誕生日のお祝いが開催されたので写真を公開。

誕生日ケーキとシャンパンを贈られた明海こうちゃんは満面の笑み。さらなる活躍に期待しましょう!

誕生日祝いの後は撮影タイム、イラスト伝言ゲームなど、会場ファンへのボーナストラックが盛りだくさん。最後まで盛り上がった公開生放送イベントでした。

次回開催は12月21日(土曜日)です。チケットが売れに売れて、客席を増加しての追加販売があるかもしれないとのこと。小島みなみちゃんの誕生祝いもあるので超満員間違いなしです! こまめにチケット情報を確認しましょう。

以上、20回の記念を迎えたセクステでした。

セクステ次回開催情報 https://empatvfes.wixsite.com/empaproject/st21

(写真・取材 神楽坂文人

 

タイトルとURLをコピーしました