deraT

【ミルジェネプレミアムライブ15レポート!】天使もえ、羽咲みはる、水嶋アリスがアイドルをテーマにバンド形式のライブで熱唱! 三者三様のアイドル像を見せつけ会場は興奮状態!

wakuwaku1honeyderaT

「ミルジェネプレミアムライブ15」レポート

毎月、バンド形式のライブを行っている「Milky Pop Generation」(通称・ミルジェネ)
15回目となる「ミルジェネプレミアムライブ15」を2月27日、東京・新宿のライブハウス、
初台DOORSで開催しました。

今回のライブに出演したのはAMATSUKA(天使もえちゃん)、羽咲みはるちゃん、水嶋アリスちゃんの3名。天使もえちゃんはAMATSUKA名義でアーティスト活動を展開、羽咲みはるちゃんは恵比寿マスカッツで、水嶋アリスちゃんはマシュマロ3d+で活躍中と、全員がステージ慣れしている実力派ぞろいです。

 

オープニングはAMATSUKAが登場。
『私、アイドル宣言』(CHiCO with HoneyWorks)を歌い、今回のライブテーマである「アイドル」を歌でまさに宣言しました。

 

続いて羽咲みはるちゃんが『ハート型ウイルス』(AKB48(team A) )をキュートに歌います。
頭にはうさぎの耳を付けて、かわいらしさを倍増させます。

 

水嶋アリス

水嶋アリスちゃんのソロ活動が見られるのはミルジェネライブだけ。
フロアにはマシュマロ3d+のライブで見かける、通称「お兄ちゃん」と呼ばれるファンが水色のTシャツを着て応援する姿が多く見られました。

■水嶋アリスちゃんセットリスト
1:『太陽ノック』(乃木坂46)
2:『サラバ、愛しき悲しみたちよ』(ももいろクローバーZ)
3:『-星が瞬く夜に-』(BiSH)

乃木坂46のファンを公言しているだけあって「今日のテーマは自分が憧れるアイドル」とMC。
振り付きでステージ狭しと駆け回りました。

 

AMATSUKA

AMATSUKAが登場するといい意味でステージに緊張感が走ります。
普段はめちゃめちゃかわいい天使もえちゃんですが、アーティスト・AMATSUKAになると他を寄せ付けない危険な香りが漂うところが彼女の魅力。

■AMATSUKAセットリスト
1:『カルマ』(BUMP OF CHICKEN)
2:『千本桜』(初音ミク)
3:『心拍数#0822』(蝶々P feat.nero)
4:『innocent Angel』(オリジナル)
5:『ラムのラブソング』(オリジナルカバー)

今回、アイドルがテーマのライブでしたがAMATSUKAの選曲は異色。それは「私にとってのアイドルを必死に考えた時、アイドルは人を元気にしてくれる存在で、私にとってアイドルはBUMP OF CHICKENがその存在だった」とMC。

以前、トークショーでも「いちばん最初に音楽と触れ合ったのはBUMP OF CHICKEN。BUMPの『K』って曲を聞いて『何だこれ!? めっちゃかっこいい!』となって聞いていた」と熱く語ったほどBUMP OF CHICKENへの思いが強いのです。

ステージでは時に愛を語り、時にファンを扇動し二つの異なる表情を見せたAMATSUKAでした。

 

羽咲みはる

トリを務めるのは羽咲みはるちゃん。どこから見ても王道アイドル!

■羽咲みはるセットリスト
1:『奇跡の香りダンス。』(松浦亜弥)
2:『恋愛サーキュレーション』(千石撫子)
3:『赤いフリージア』(メロン記念日)
4:『ロマンティック 浮かれモード』(藤本美貴)
5:『スキちゃん』(スマイレージ)

もはや「ひとりハロー!プロジェクト」と言っても過言ではない選曲! 今回のライブテーマ「アイドル」は、存在そのものがアイドルの羽咲みはるちゃんにとってはピッタリでした。

まるでアイドルライブに来たかのような雰囲気に会場全体が包まれ、ハッピーなステージとなりました。

 

三者三様のアイドル像を見せてくれて会場は大盛り上がり。
ライブコンセプトをはっきりと打ち出すことによって、見ているファンも世界観を共有できるので、
ステージとフロアが一体化しやすいライブとなりました。

そのミルジェネライブは次回、さらにコンセプトを明確にした新たな試みに挑戦するとのこと。
一体どのような内容になるのか発表を待ちましょう!

今回、3人のステージは世の中の暗い雰囲気を吹き飛ばす、明るいアイドルライブとなりました。

■今後のミルジェネライブ予定
・3月27日 「美女と野獣ライブ 平方元with希美まゆ」 六本木バードランド
・3月31日 「ミルジェネ☆エボルーション(仮)vol.1」 初台DOORS
・4月19日 「希島あいり 4thワンマンライブ」 渋谷チェルシーホテル

>>「ミルジェネプレミアムライブ15」大量写真はサイト下↓↓の次ページリンクからどうぞ!

(写真・取材 神楽坂文人

関連商品
関連商品

タイトルとURLをコピーしました