【人気熟女女優 成宮いろはインタビュー】「レイプシーンなのに興奮してパンティをぬらしちゃって、監督にダメ出しされておパンティ洗濯して撮り直しました」「騎乗位は自分でいい位置に当てられるし上から見下ろす相手のヨガり顔もオツ♥」前編

★シェアお願いします

あけましておめでとうございます!
新年一発目のインタビューは、デビュー三年目でますます色気に磨きがかかる人気熟女女優・成宮いろはさん! 全身からにじみ出るエロさと癒される雰囲気の秘密に迫ります!!

インタビュー前編

可哀相な人妻役が抜群だが抵抗する芝居で問題発生!

──デビュー3年目で、とても四十路に見えない可愛い成宮さんですが、どういう役やシチュエーションに最も快感を覚えるんですか?

成宮いろは(以下、成宮)SかMどっち? と聞かれると、私は極端なものはないんですけど、どっちかというとM寄りだと思うんですよ。

──ドラマ物では可哀相な女の役が多いですよね。悪い男に組み敷かれて抵抗している瞬間も、実は興奮してたりするんですか?

成宮 そうですね。いじめられたり責められたりして、堕落した中で快感に溺れていくっていうのにグッと来ます。

──献身的な妻が隣人の男に犯されて溺れていくという、ながえSTYLEの『愛してるあなたへ。本当は…』なんか最高でした。

成宮 あれは、最初のレイプで逃げながら抵抗するんですけど、そこでは相手をすごく嫌がってるわけだから、身体は反応しないわけなんですよ。

──ですよね。

成宮 ただ、あの時、すっごい濡れちゃって。

──ほう。

成宮 パンティにすごいシミができちゃってて。ながえ監督が「ここはまだ濡れちゃいけないところだ」って。「パンツ洗うから」って、パンツ洗ってADさんが乾かしてくれて、パンティ洗い待ちっていう時間のロスがあったんです(笑)。

──いい話ですな! スペアのパンティは現場になかった?

成宮 これじゃなきゃダメなんだ、って。ながえさんはパンティの素材にこだわるんです。白くてシンプルなやつに。

──で、男によろめいて以降は自由に濡らし放題できたんですね。

成宮 よし来たって感じで♪

>>次のページ エロマンガもAVも大好き私の「おかず」教えます! 

🔽「月刊DMM」での作品レビュー