DMM ADULT AWARD一覧

【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀新人女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(4)柚月あい

★シェアお願いします

 

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

超かわいいけどごく普通の女の子真・正統派美少女が筆下ろしに挑戦!緊張からの照れ笑いがたまんねー!!

DVD『柚月あいの極上筆おろし』(プレステージ)

DVD『柚月あいの極上筆おろし』(プレステージ)

今、AV女優のレベルはとんでもないレベルになっている。
アイドルよりかわいい/美人というのはすでに当たり前で、あとはキャラ立ちが肝になってくる。
ロリ系、アイドル系、熟女系、巨乳系にモデル系などいろいろあるが、このDMMアワードにノミネートされるような女優は、どの子もキャラクターの輪郭がハッキリしている。

では、柚月あいはどんなキャラクターなのかというと、これが「真・正統派美少女」なのである。
画像加工が横行しているAV界ではあるが、彼女は2回インタビューした私が保証します。
実際見てもホントにかわいい!
(じゃあ、誰がアレなんだという質問は受け付けません)
性格も良いというか、ホントに普通の女の子。悪く言うとプロフェッショナルではなく、良く言うと壁がない。「柚月あい」の仮面を被ってなく、素顔のままだ。

そんな彼女が筆下ろしものに出るのだから、まかり間違っても次の次のページから始まる特集「AV女優の凄テク、試してみるかい?」のように、類い希なる性技を披露してファンを翻弄!という展開になるわけがない。

ややテンパった感じで「お、おっぱいさわりますか!?」と緊張したファンにセックスプレイをいちいち訊いてゆく(しかも早口で)という謎展開になるわけである。

しかしこれがとっても良いのです。118abp00287jp-3
「AV女優という役割を、普通のしかもスッゲーかわいい女の子が一所懸命に頑張る」ところにドキュメント性がある。
いや「はじめてのおつかい」的な感じかな。

しかも終始こんな雰囲気なのに、攻められると意外と感じやすくて、照れくさそうに「気持ちいいです…」と答えるのが、もう…たまりませんな! 

テクよりも彼女のピュアな? いや、ごく普通に性格のいい女の子としての真心が感じられて、非常に良かった。

 

(掲載/『月刊DMM7月号』)


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀新人女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(2)葵

★シェアお願いします

 

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

まれに見る極上の肉質を誇るボディとピンク色したパイパン美マ○コと美貌最高峰のオナペットあらわる!

DVD『昼はボクの女上司、夜はオレの牝奴隷 葵』(S1)

DVD『昼はボクの女上司、夜はオレの牝奴隷 葵』(S1)

隙のない美貌でいながら微笑むと人なつこくなり、92センチのHカップ乳は美巨乳と呼ぶしかない量感および質感だ。身体全体の肉質がゴムのような弾力に満ちているのもたまらない。

また、アソコがつるつるの美マン。このルックスでいて、色素が薄いパイパンだなんて最強だ。こんなイイ女系をベッドで脱がせるとロリなマンコ発覚! このギャップで過去何人の男を狂わせてきたのだろう?

デビュー作はうぶで、イクことを覚え、巨根も経験し、獣になりきる濃厚FUCK、同棲物での主観アングル仕事もこなし、ここまでエスワンが敷いたレールを脱線することなく発育し続けている。

そんな葵ちゃんの、先述のギャップをこの7作目で存分に味わえる。

昼間は仕事のできる女専務。ダメな部下には暴力もふるうドSだ。
最初のカラミは男に君臨し、命令してクンニさせ、乳を揉ませ、「なかなか上手じゃん」とセックスに興じる高飛車な女だが、事後、こちらを向いて、

「どう? 私がほかの男としてるの見てムラムラした?」

そう。これは主観物。
「僕」は葵の会社の部下で、家に帰れば葵は僕の奴隷なのだ。今日もイラマチオさせてやるワ、と服従させ、首輪とリードで犬扱いし、つるつるの美マン舐め放題、チンポをブチ込めば蕩けるような声でイク。
クライマックスは、葵専務に叱られてムカついている僕の後輩を部屋に呼んで、まさかの葵の牝奴隷としての素顔を見せてあげ、後輩にヤラせて寝取られを楽しみながらの3Pとなる。

オナペットとして減点材料のない完璧な葵ちゃんだ。豊かな性表現力を身につければ女優として1ステージ上に行くだろう。なので、今ぐらいのされるがまま感いっぱいの時期がすごく貴重と言えそうだ。 

(掲載/『月刊DMM』7月号)


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀新人女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(1)東凛

★シェアお願いします

 

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

元タレントにしてリアル人妻AV女優芸歴の長さを感じる芝居や鍛えられた美ボディはまさにプロフェッショナル!

 

DVD『義母奴隷 東凛』(溜池ゴロー)

DVD『義母奴隷 東凛』(溜池ゴロー)

昨年のAV OPENで着エロデビュー作品が見事ミドル級2位となった東凛さん。
本誌のインタビューでも語っているように幼い頃から芸能活動をしていた彼女、
「現役タレント」というだけで話題性充分なのに、本当に本当のガチの(しつこい)人妻。
根っからのイケないオンナなんです。

現在、28歳の彼女、まだ「熟女」と呼ぶには失礼ですが、全身から醸し出すその妖艶オーラは「アラサー女子」と言うには抵抗があるもので実際に会うとその色気には同性でも圧倒されます。
今更ながら「色気と年齢って比例しないもんだなぁ」と学びました。

しかも元タレントということもあってスタイルの良さは抜群、全体的に華奢なんだけどガリガリではなく、ちゃんと鍛えて引き締めた感が眩しい美裸体。
そしてクールなのに笑うと人懐っこい美顔…そりゃアワードにノミネートされて当然、といった極上案件です。

本作では義理の息子に犯される人妻役を熱演する凛さん。
引きこもりの義息、仕事で忙しい夫、そんな生活の寂しさから自宅で出張インストラクターと白昼の情事に耽ってしまいます。
しかしその一部始終は義息によって盗撮され、それをネタに脅され…。
物語の設定自体はシンプルですが、だからこそ凛さんの演技力や表現力の高さが光りまくり。

特に中盤の寝ている夫の隣で息子に口淫するシーンでの静かに、けれどねっとりと絡み付くように肉棒を咥える艶技は必見。
またラストの絡みでは、黒のガーター姿で四つん這いになって歩かされ、全身でマゾっ気たっぷりのオンナの羞恥心を体現。
台詞回しだけでなく絡みの所作ひとつひとつの「役者」としてのポテンシャルの高さは、さすが長年のキャリアの賜物。
笑顔も台詞も殆どない役どころで光る美しさと表現力の高さ、ぜひ己の目で確かめるべし。

(掲載/『月刊DMM』7月号)


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(4)冬月かえで&湊莉久

★シェアお願いします

 

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

AV女優らしくない超美人で居続ける冬月かえではいつまでもお得感のあるエロ状況を作り続けられるのである

DVD『新・出張、全裸家政婦。 冬月かえで』(プレステージ)

乃木坂あたりの白石某ちゃんが美人顔としてひとつの基準となっているらしい。
冬月かえでに似た子が遅れて出てきて、そして今、美人と言われている事実。
それこそが冬月かえでのエポックメイキングなところを示していると言ったら言い過ぎかしら。

新作がバリバリ出ているしすげえかわいい美人なのでわかりにくいけど、セックスもやたら瑞々しいのでわかりにくいけど、AV女優としてはベテランの域である。
なのにデビュー7年後にして新たに専属契約を請われてしまうくらいのフレッシュさがある。

あきらかな美人で演技力もある、言うなればスター女優。
そう。彼女の特別な部分は、いつまでもAV女優らしくない「すごい美人」でい続けているフレッシュさではないだろうか。
それってすげえお得感でしょ。

本作で演じるのはほとんど家畜とも言える言いなり家政婦。
しっかり感じて色っぽく喘ぐおとなしいスレンダー美人が興奮しているセックスは猛烈に支配欲を満たしてくれる。

玄関先で挨拶直後の恥じらい脱衣の話が早い全裸家政婦。
料理に掃除にセックスの相手。家事全般をおまかせだ。麦茶を口移しキスで声が漏れちゃうのがかわいい! 
自分の身体をオカズに差し出し、ご主人様は四つん這いマンコを見ながらメシをかっ込む勢いでクンニ。
性欲と食欲を同時に満たすのだ。

メシや掃除や靴磨きの途中で身勝手に身体を求められ、恥じらうけど言いなりな彼女の表情はものすごくそそる。
足舐めやイラマチオの音も視線も漏れ出る声も、その惨めさがなんだか獣欲を刺激するのよ。

玄関先でチンポを出すと、戸惑い、臭そうに顔をしかめてからすンごい音を立ててフェラ。
たった一拍の小芝居で支配関係を表現しつつ異常にエロい行為をしてくれる。
これが彼女の非凡性ではないかしら。


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(3)JULIA&白石茉莉奈

★シェアお願いします

 

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

人気エロマンガがそのまま三次元に!JULIAのパーフェクトボディで笑花偽先生の妄想世界を再現だ!!

DVD『濃ゆ汁クリームパイ JULIA』(ムーディーズ)

初めてJULIAのカラダを見たときの印象は強烈だった。
シミひとつない真っ白な肌、人間離れした美巨乳&クビレ、そしてエアブラシで描いたかのようなピンクの乳輪。
あまりの出来あがりっぷりに、思わず知り合いのエロマンガオタクに連絡して「AV女優はエロマンガを越えたぞ!」と自慢してしまったほど。

あれから5年が過ぎた今も、相変わらず二次元から飛び出てきたかのような完璧ボディをキープしている彼女。
当然コミック原作とのコラボも多いわけですが、そんな中でも本作はちょっと異色と言っていいかも。
というのも、今回はストーリー性の高い劇画じゃなくシチュエーションで魅せるタイプの5話オムニバスなんですね。

出てくるヒロインも欲求不満の人妻や家庭教師じゃなく、敵に捕まってイタズラされちゃう女探偵とか、オークと闘う女戦士とか(もちろん負けたら生中出しの刑)、妄想体質が高じて男子生徒とセックスししてしまう保健室の先生とかいったドジっ子美少女系ばかり。
正直大人っぽくてしっとりしたイメージのJULIA姉さんに「〜なのだ!」「ケケケケ!」なんていうコミカルなノリが似合うとは言い難いけど、固いことは言いっこなし! 
二次元以上に二次元っぽい美巨乳をユッサユッサ揺らして喘ぐ姿は鉄板のいやらしさで、一も二もなくエロマンガの世界に迷い込んだような感覚にさせられちゃう。

mimk00033jp-2

いやあ、ほんとJULIAボディの力は偉大っすよ! 
スリーサイズB101W55H84はダテじゃないっすよ! 
デカパイを下から煽るショットとか最高っすよ! 

今、本当の意味でエロマンガを「実写化」できる女優は彼女くらいかも。
原作コミックを読んだ人はもちろん、JULIAファンにも是非チェックしてほしい一本です。


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(2) 希志あいの&小島みなみ

★シェアお願いします

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

もはや業界トップクラスのアイドル性と国宝級の絶品スレンダーボディ!ベテランの魅せる性技、ここに極まれり!!!

DVD『エスカレートする兄嫁の過激な誘惑 希志あいの』

DVD『エスカレートする兄嫁の過激な誘惑 希志あいの』(アイデアポケット)

08年のアリスJAPANでのデビュー以来、マックス・エー、S1、アイポケと単体女優としては超エリート街道を突き進んでいるキッシーこと希志あいのちゃん。

ご存知、「恵比寿マスカッツ」では三代目リーダーも務めるし、はたまた男装させたらバッチリ決まる。エロだけじゃなく、ルックス、演技力、バラエティでのアドリブ力とアイドル性抜群のスーパー女優の一人ですね。

しかも彼女のスレンダーボディは右に出るものがいない超Aランク。
本誌でも以前、安田先生が「スレンダー好きにとっては、このボディはいつ見ても感動しますな。もはや国宝」と語っていたのを覚えております。

単に「ちっぱい」なだけじゃなく手足の長さや小振りなお尻、全体の華奢感が素晴らしいんですよね。
ムリにダイエットしてもこうはいかないものだし。

さて本作では、あいのちゃんは人妻役。ひょんなことから兄の家に居候の身となった主人公の「ボク」を不敵な笑みで翻弄する兄嫁を演じています。

正直ドラマ物としてはストーリーが凡庸で、盛り上がりに欠ける印象があるのですが、女優さんを前面に引き出すにはこれ位の軽さがいいのでしょう。

なにより注目すべきはあいのちゃんの小悪魔感たっぷりの性技。

序盤の主人公と禁断の一線を越える場面での焦らすようなジュボフェラは持ち前のSっ気が炸裂!
また終盤の痴女度マックスの絡みでは、チングリ返しにさせたアナル舐めや顔騎、と見せる責め技のウマさは格別。

27歳という女として経験値とほどよい熟し加減がその安定感を引き出すのかも。
最近は犯される役が多かったものの、本作や過去の「彼女の姉貴とイケナイ関係」「隣のお姉さんがこんなにスケベなんて」のような「エッチなお姉サンキャラ」はドンピシャだなあと改めて感じました。


【DMM ADULT AWARD 2015 最優秀女優賞】ノミネート女優作品徹底レビュー(1) 秋山祥子&沖田杏梨

★シェアお願いします

昨年から始まったDMMアワードが今年も開催! 
いずれ劣らぬ人気女優たちのナンバーワンをファンの手で決める! 
そんな彼女たちのノミネート作品を徹底レビュー!!

汚されれば汚されるほど輝きを 増す美貌とナイスバディ!

mide230pl

DVD「キャリアOLバス痴漢 秋山祥子」

 

5年前に一度引退し、3年前に復帰した秋山祥子ちゃん。
整った顔立ちと均整のとれたナイスバディ。
復帰時のショートカットも魅力的でしたけど、ロングになった最近は大人の女らしい清楚な色気がグッと増しましたよね。
特にここのところは、凌辱される役がやたらと多いんですが、これがすごく似合ってるんですよ。
犯される女ならではの、凄惨なエロティシズムと言いましょうか。汚されれば汚されるほどに輝きを増すタイプなんですよ、祥子ちゃん。
これはつまり、美しいゆえのギャップなわけですが。泣くと顔がぐちゃぐちゃになっちゃう子もいるんですが、祥子ちゃんは泣き顔すら美しいのですよ!

さて、本作はそんな祥子ちゃんの魅力を引き出すため(?)、これでもか、これでもかと不幸が襲ってきます。

優しい恋人と結婚が決まって幸せの絶頂にいたはずの祥子ちゃん。しかし、彼女は昔から痴漢を引き寄せてしまうという悩みがあったのです。
それは嫌と言えない気の弱さ。男に強く言われると逆らえなくなるのです。
そんな性格につけこむ形で男たちが彼女の肉体へ次々と群がってきます。

勤務先のオフィスで元カレにレイプされ、
それを助けようとした警備員にも気弱な性格を知られて自宅に押しかけられてレイプされ、
さらには逃げ出すように引っ越した先のバスの中では、追ってきた元カレだけではなく他の乗客や、
運転手にまで輪姦されてしまうという不幸の連鎖。
周りすべてがレイパー状態。 

 

もう見ていられないほどに可哀想なんですが、不幸になればなるほど祥子ちゃんは美しくなっていくんですよね……。

ところで冒頭、学生時代に痴漢に悩まされていたという回想シーンで制服姿を披露してるんですが、
これがすごく似あってて違和感無しなんですよね。まだまだ女子校生物なんかもイケるんじゃないですか?