deraT

【写真集『Parfait』発売記念!高橋しょう子特集!】圧倒的な輝きと強力なセックスの力量で魅せる緻密でラブリーな作品づくり!ドラマ作品に見る、期待を裏切らない女優・たかしょーの流儀をAV廃人・くろがね阿礼が熱く語る!【後編】

wakuwaku1honeyderaT

こちらはうさ……監督(全部名前統一して欲しいんですが(笑))による温泉旅行主観です。グラビアアイドルとのお忍びでのエッチな温泉旅行です。たかしょーは本当に主観が上手なんですよ。こういう彼女とデート主観みたいな映像、彼女はグラビアアイドル時代に何度も経験しているんでしょうね。過去の同監督作品の傾向から推測するに、恐らくセリフはほとんどアドリブだと思われますが、これだけデートの雰囲気を盛り上げる言葉がポンポン飛び出すたかしょー、強いなぁと感嘆します。

水着に着替えて混浴温泉に入るとおっぱいに伸びる指。ここで狙いすましたように「おっぱい好きなの?そんなにおっぱい好きなの?」とまぁお約束ではあるんですが、ポイント外しませんねたかしょー(笑)。

普段は陥没している乳首がいいお湯のおかげで早々とこんにちはします。水着の下をずらして指を這わせる彼氏、ああ指入っちゃうと悶々とした表情をするたかしょー「私が声大きいの知ってるでしょ!」ですって、ええ知ってますとも!たかしょーの声が大きいのをオーバーアクションだと思ってる方もいるかもですが、彼女多分普段から声が大きいんだと思います。もちろん、セックス中の声のことですよ。

お風呂で潜望鏡プレイ(ソープの成果が活きてます)、そして立ちバック。ええ、たかしょーはスペースが足りないなら足りないで、チャチャっとセックスをする技術を持っていて、盛り上がったら即実行です(ごめんなさい、流石に言い過ぎです(笑))。部屋に戻れば恥ずかしがる彼氏のチンポを追いかけ、浴衣を脱がしてフェラ。もちろん自慢のおっぱいを触らせることも忘れません。「ねえ私の好きなとこ10個言って!」ってセリフいいですね。

おっぱい!おっぱい!おっぱい!……って言ってるんでしょうか、この彼氏。そのお陰でエクセレントなパイズリを堪能させてもらっています。そんなことをしながらも日本酒をキュッとあおるたかしょー。ああ、これですよこれ。たかしょーと温泉に行くと一緒に日本酒飲めるんですよ!羨ましい!いえいえお楽しみはこれからです。

部屋を少し暗くして、和室に敷いた布団の上でラブラブセックスです!ああ、豊富なマン汁のびちゃびちゃした音が聞こえますね。ビクッ!ビクッ!と痙攣するたかしょー、攻守交代ではガニ股騎乗位で濡れた股間の結合部をたっぷり見せてくれます。起き抜けの朝勃ちチンポでまたセックス。そして自然豊かな屋外へ。カフェでまったりと過ごして帰る途中で性欲ムンムンの二人はラブホへ!ハメ撮りです。等身大の成熟した美しい女性の姿を描くという点において、たかしょーほど魅力的な素材は無いなぁと実感させられる作品です。


 

こちらは僕が月刊FANZAで初めてたかしょーをレビューした作品です。苺原監督作品、同人界の帝王クリムゾンとの原作コラボ作品です。セクハラ上等の有名司会者の誘いを拒み、怒らせて仕事を干された気の強いグラビアアイドル「さゆき」が今回のたかしょーの役どころ。彼女には自分のせいで事務所の女の子が軒並み仕事を干されてしまったという負い目もあり、やっとのことで掴んだ仕事が24時間耐久の愚劣極まりないエロ企画であっても途中で放り投げることができません。なんだかたかしょーを見ているようです(笑)。

坊主頭のマッサージ師に乳腺をほぐされ、気の強いさゆきは触れるか触れないかのギリギリのマッサージに早くも怒りを覚えますが、終わった後極端に感度が上がった自分の体に驚愕します。女性アナウンサーに乳首を触られた時のたかしょーの反応はビックビク、マッサージ師はその後も媚薬オイルを体に浸透させたり、遠慮ないマッサージでさゆきを開発していき、頃合いと見ると自分の肉棒を咥えさせてそのまま挿入、激しいセックスから射精まで持って行ってしまいます。

格闘家とのセックスでは「しゃぶれよ」と言われ、逆にこの機会を利用して格闘家を射精させてしまおうと試みるも失敗。パワフルにズボズボと突きまくられて顔面に精子を受ける有様。

最後は仕掛人の司会者登場で、調教されて完全にガバガバになったさゆきが控え室でいいように貪られてしまいます。気の強いさゆきの体が徐々に変化していく様を演じるたかしょー、これ恐らくですが、この作品を撮影するまでのプレイもので実践してきた経験が活きていますね。体の感じ方の変化がしっかりと伝わるよう、たかしょーはとても緻密に、丁寧に表現して魅せてくれています。本当に上手いんですよ、彼女。


 

グラドル撮影NTR ~最低な元カレの映像ディレクターに何度も抱かれた僕の婚…

こちらは2019年1月作品。プレミアムのNTRシリーズで名を上げたモルツくん監督ですね。婚約者もいて、引退していたモデルであるたかしょーに久々のイメージビデオ撮影の話。お世話になった社長さんからの頼みで無下にも断れず承諾すると、なんとこの作品の監督は元カレだったという展開。撮影が始まるも元カレとの撮影にわだかまりを隠せないたかしょー。まだ硬いよ……と言ってマッサージを試みる元カレのタッチに徐々に抵抗できなくなっていく。

昔話をしながら胸をグワシ!と鷲掴みする元カレ、ボソボソと呟きで精神的に追い込んでいきながら肉体的な距離を詰めて行く元カレ。抵抗するたかしょーに、お前口だけなんだよ、本当にスケベなんだよなと乳首を吸い始める男。ここでちょっと思い出して欲しいんですが、たかしょーの初イキ作品の項で、彼女は言葉責めが好きだと言ってました。まさにこの作品がドンピシャでそれです。もう終わりにしてよ!と言うたかしょーに、俺がイったら終わりにしてやってもいいよと監督。ここでたかしょー、本当に終わりにしてよね……とフェラを始めるわけですが、ここでキッパリ断れなかったら墜ちたも同じですね(笑)。

あの頃の私と違うんだから!と言ってフェラを続けるたかしょー。皮肉にもこれはあの頃の再現になっています。ズブズブにハメてお尻に射精して出すもの出した監督、賢者モードで撮影開始です。ところがたかしょーが胸に泡を塗りたくっているシーンで再び悪い虫がムクムク。手伝ってやるよと言い泡を塗る体で体をやたらと触り始め、結局またハメてしまいます。

撮影終了後誕生日プレゼントを渡す監督。そして燃え上がる二人……もう婚約者のことなど頭から吹っ飛んで、健太(監督の名前)のことが好き!俺やっぱりしょう子がいいや、やり直そうなんて話になっちゃってます(笑)。たかしょー結構NTR作品多いんですが、服の下に隠れているスーパーボディと若い旺盛な性欲の印象がついているせいか、彼女はとってもNTR映えするんですよ。そしてこのNTRを実行した健太役の男優さん、とにかく言葉責めが上手。この種の役は非常に得意で、そのせいかこりゃ墜ちても仕方ないなという説得力のある作品に仕上がっています。

タイトルとURLをコピーしました