deraT

【FANZAの10分間ランキングで、1位を獲得するなど注目を集めるジャンル「石化モノ」を撮る、セントラル山本監督インタビュー!】「母と娘の石尻を重ねての親子丼3Pは見応えあると思いますよ(笑)‼︎」【後編】

wakuwaku1honeyderaT

 2020年、私は「石化モノ」とジャンルのAV作品にどハマりしました‼︎‼︎ ということで、そんな「石化モノ」を撮った、31歳注目若手AV監督のセントラル山本監督(ROCKET)にインタビューをさせて頂きました!前編では、「石化モノの魅力、石化モノがヒットするまでの経緯」などのお話を伺いました!後編では、「AV監督になった理由、発売されたばかりの新作の見所」などをお話頂いています!
少しでも読者様に「石化モノ」の魅力が伝わればと思っておりますので、ぜひ最後までお楽しみ下さい!(全2回、後編)

 

「半沢直樹の大和田のように「土…下…座…‼︎」みたいな感じでハッチャケてくれました!」

—— AV監督になった理由を教えて下さい!

セントラル山本(以下、山本)モノを作れる人間になりたいと思ったのがキッカケです。元々僕は芸人をやっていたんですよ。1年くらいで辞めてしまったのですが、ネタを書くのが好きで。なので「作る」という仕事がやりたかったというのが大きいですかね。
芸人を辞め、監督になる前は、「今の時代はパソコンができないとダメだよな。」と思い、パソコン全般を勉強して、それを活かして就職活動をしたら、たまたまアダルトサイトの運営をしている会社に採用されたんですよ。そこで動画を15分に切って、チャプターを作る仕事をしていました。なので、一日40本くらいはAVを観ていたのかな(笑)。
で、何年かそれをやっている頃に、YouTubeが盛り上がりだしたので、「このまま動画を切っていても仕方ないな。自分自身が動画を作る側に回りたいな。」と思い、AV業界に入って監督になりました。

—— それでROCKETに入社されたのですね!

山本 面接に関しては、ROCKETとテレビ局の制作会社を受けて両方受かりました。でも、テレビ局の方はお給料が安すぎて、一人暮らしができないくらいだったので辞めました(笑)。

—— 2月25日に発売されたばかりの新作、石化シリーズ第3弾の「石化家族~隣の家の迷惑母娘まとめて石化せよ~」の見所を教えて下さい!

山本 第1弾は実験的にやって、第2弾は1の課題を踏まえてそれを反映させてやりました。なのでこの第3弾は僕の中で、石化AVの集大成と言ってもいい作品ですね。そして、石化シリーズはこれで完結です。
まずこの3は、初めての複数石化の作品です。この複数というのを活かして、一瞬で石化するパターンと、徐々に石化していくパターンの2つに分けることができたのが良かったです。ユーザーの声でこの2つには、どちら共に好きな方がいましたので。

あと、3から新たに加えた点が、「主人公が石を動かす能力」を持っているというものです。石化した人を操って、石化していない人を拘束するという2人ならではの演出がありますので、ぜひそこを見てほしいと思います。
そして単純に、石化を2人並べただけで、1人の時より迫力がありますし、石化ポーズにも幅が出ていますので、とても良い作品になっております!
あ!母と娘の石尻を重ねての親子丼3Pは見応えあると思いますよ(笑)‼︎

—— あまり「企画作品」のイメージが無い、岩沢香代さんを、石化されるお母さん役で起用されていますが、何か理由はあったのですか?

山本 まず、「石化をしていても、お母さんに見える人」を探していたのです。これって結構難しくて(笑)。それで誰かいないかと、FANZAの動画で色々探していたら、目に飛び込んできたのが岩沢さんでした。「この人なら石化をしている状態でもお母さんだ。あと、美人だし文句なし。」というこで、キャスティングをしたという経緯です。
でも不安だったのが、岩沢さんとは現場で一度もお会いしたことがなくて、ROCKET作品への出演経験が無かったことです。過去の、岩沢さんの出演作を見ても、石化のようなぶっ飛んだ作品が無かったので「大丈夫かな…?」と、正直思っていました(笑)。
3での岩沢さんの役は、一瞬で石化させられてしまい、全身石化の特殊メイク状態で結構な時間を待たせてしまうという、シリーズの中でも最も石化時間が長く、体力を必要とする役だったのですが、何一つ文句を言う事無くやって頂いたことには感謝しかありません!演技力と停止感も抜群でした!

—— 岩沢香代さんのシーンで、監督が最も気に入っているところを教えて下さい!

山本 石化しているところではなく、演技的なところになってしまうのですが!「主人公の男が石化の力を手に入れて、岩沢さん宅に最後の忠告に来る。」というシーンがあるのですが、そこで岩沢さんが主人公の男に土下座をさせる場面がありまして。その時に、半沢直樹の大和田のように「土…下…座…‼︎」みたいな感じでハッチャケてくれたので、ここは気に入っています!

—— 石化される娘役で、一条みおさんを起用されていますが、こちらの理由も教えて下さい!

山本 お母さん役同様に、「石化をしていても娘に見える人」という事でキャスティングしたのですが、もう一つ隠れた理由がありまして。過去の石化シリーズに出演した女優さん(妃月るいさん、新村あかりさん)のお2人なのですが、実はGIGAさんによく出演しているんですよ。そして、一条さんもGIGA(特撮モノを得意とするメーカー)さんによく出演されてたので、ゲン担ぎ的な意味もありキャスティングしました(笑)。
演技力と停止感は勿論のこと、役に入り切った時の、アドリブがとても良かったです!

—— 「石化家族」で、第3弾まで続いた石化シリーズは完結だとお話頂きましたが、シリーズを通じての感想を教えて下さい!

山本 出演者さんやスタッフさんへの感謝は勿論なのですが、一番は買って下さるユーザーさんにお礼が言いたいですね。こうして、ある程度売れてシリーズ化出来たことで、業界内で「セントラル山本」という名が、少し売れることができたと思うので、嬉しく思っています。こうして、リボルバーさんとお会いできたのも、ユーザーさんが作品を買って下さったおかげなので(笑)。
そして、この「石化モノ」という少し変わった作品を通じてわかったのが、「ユーザーさんの熱さ」です。皆さん本当に本当に熱い‼︎‼︎ 石化に関しては、会社に送られくる感想メールが他の作品より多かったので、コアなモノほどファンの熱量は高いと実感しました。
感想メールや、FANZAコメントから採用した演出は結構あるので、今後もどんどん書いて頂ければと思ってます!

—— 最後に今後の、AV監督としての展望を教えて下さい!

山本 僕の中では、AVと言えば「エロくて激しいモノが良い」という認識がありました。だから、「そういうような作品を撮らないと売れないんだろうな。」と思うこともあったのですが、この石化AVのおかげで、エロは人それぞれであると考えが変わりました。なので今後の僕の目標としては、「この企画はちょっと無理だな…。」と見る前の先入観で思っていた人が、何かの間違いで僕が撮った作品を見た時に、「見てみたら面白いじゃん!」って思ってハマって貰えるような、エロくて面白い作品を作っていければと思ってます!

—— セントラル山本監督!本日はお忙しい中、ありがとうございました!「石化モノ」は最高だったので、次にまた新たなシリーズ化されるような作品を楽しみにしています!

山本 こちらこそありがとうございました!僕もこれからの、リボルバーさんの活躍を楽しみにしています!


前後編に渡ってお送りした、セントラル山本監督のインタビューは以上になります!「石化モノ」のお話はいかがだったでしょうか?「コアなモノほど、コアで熱いファンの方がいる」というお話は、「アダルトビデオ芸人」というテーマを絞って活動している私にとって、いい教訓になりました!
読者様もぜひこの機会に、「石化モノ」を観てみて下さい!股間が石のように硬くなることは間違い無しですよ(笑)!

 

セントラル山本 @yamanosyogun
1989年生まれ。2017年にROCKET入社。
2019年10月「魂あいのり憑依~ひとりの女の体をふたりの男がシェアしたらどうなる!?~」で監督デビュー。
憑依、ドラマ企画、素人企画、プロレスと様々なジャンルの監督を経験する。その中の一つ、2020年5月発売の作品「転校生は石化蛇男~クラスの女子よ徐々に石化せよ~」がSNSで話題になり自身初のシリーズ作品になる。

リボルバー・ヘッド @RevolverHead01

AVを心から愛する芸人。28歳で既婚者。過去には女優さんのリリースイベントに通っていて、お会いした女優さんは200名以上。過去観た作品は、イチ○ー選手の安打世界記録(4367本)を越える。AVに関するコラム多数執筆中。趣味は筋トレで、ベンチプレスは145キロを上げる。

タイトルとURLをコピーしました