deraT
maccos

【三代目・葵マリーと愉快な仲間たち 第125回】塩見彩ちゃんが有名緊縛師5人に責められる6時間超えの超大作AV『緊縛 GONIN 塩見彩』の撮影現場を大量画像でレポート!

wakuwaku1honeyderaTmaccos

葵マリーさん連載コラム第125回!

今回は、塩見彩ちゃんが有名緊縛師5人に責められる6時間超えの超大作AV『緊縛 GONIN 塩見彩』の撮影現場を大量画像でレポート!

■マリーさんの今までの連載はこちら

“葵マリーと愉快な仲間たち” の検索結果 | デラべっぴんR
ジーオーティーが運営するちょっとHなニュースサイト

緊縛 GONIN 塩見彩』

最近、TOHJIRO監督の作風が変わって来た様に思えるんだよね。多分、しおみんんこと塩見彩ちゃんに出会ってから? かな。

 


今までも心と頭にズカズカ入りこんでくる作品ばかりだったけど、最近は何かが違う気がする。
なんて言うのかな。人の心の中にズカズカ入ってくるんじゃなくて、その逆。人の心の中を曝け出させようとしてる。完全に解放させる仕向け方。

これってさ、先がどうなるかなんて全くわからないから、作品撮る上じゃ完全にデメリットしかないよね。でも、それをしおみんに全てゆだねているTOHJIRO監督。

 

その期待通りの展開に自然といっちゃうしおみん。このゴールデンコンビが醸し出す信頼関係と固い絆。親子でも無く恋人同士でも無い、心と心で繋がってる2人。凄い。

 

そんなわけで、今回もえげつない作品ができあがりました。

 『緊縛 GONIN 塩見彩』今の時代には有り得ない約6時間にも及ぶ超大作。

緊縛 GONIN 塩見彩

緊縛 GONIN 塩見彩

内容は日本で名の知れた有名緊縛師5人が代わる代わるしおみんを責める続けるだけの内容。
そもそも、この名高い緊縛師たちを集めちゃうことが凄い。

 

奈加あきらさん、飛室イヴさん、風見蘭喜さん、堂山鉄心さん、鵺神蓮さん。何処に行っても名前が上がる人達ばかり。

 

縄での責めは当たり前だとして、それぞれの縛師達の責め方はまるで違う物。

それを一気に受けると言う、なんとも贅沢なしおみんにしたらご褒美撮影。撮影はライブ形式だから、ほとんどノーカットで作品になってるはず。

 

見て分かるのは、とにかくしおみんの強さと吸収力。縛師がしおみんに縄を掛ければ掛けるほど、相手の魂までも吸収しようと受ける様は圧巻。1人が終わると「ご馳走様でした」と言わんばかりの満面の笑顔。これを5人分ペロリと平らげた感じ。

 

うっかりしたら、「おかわりまだ?」とか言いかねない勢いだった。

当然の事ながら、魂を吸い取られた縛師の方がヘトヘト。それとは真逆にキラキラを増して行くしおみん。

 

正真正銘のご褒美撮影だったんだな、って思った。しおみんに取ってのSMとは痛いとか辛いとか酷いとかも一切なく、快楽と満足で明日への活力でしかないんだよね。

 


毎回TOHJIRO組では、しおみんの気丈さに驚かされてるけど、今回はそんな簡単な言葉じゃ表せないくらいに、しおみんの欲望を見せ付けてくれました。

■緊縛GONIN

 

次のページに画像を大量掲載!

(文・写真:葵マリー

タイトルとURLをコピーしました