deraT

【鬼性欲ブスのOCCC道場第8回】藍川じゅんが青姦の思い出を語る! 「場所を問わず半裸になって『お抱きなさい!』と迫っていたので、『東電OLに最も近い女』という異名がついていたころの話」

自称「鬼性欲ブス」のライター・藍川じゅんが、自らの強すぎる淫欲を満たすため、ありとあらゆるOCCC(おちんちんチャンス)にチャレンジ!

第8回は藍川じゅんさんが、いろんなところで粗相をした青姦の思い出を語ります。

酔うとところかまわず性欲爆発してしまう筆者の内緒の告白です。

?前回までのコラムはコチラ

【鬼性欲ブスのOCCC道場第1回】催眠術SEXは本当に気持ちいいのか? そして、5000円2時間の休息で無事に終わることができるのか? 謎が謎を呼ぶ「自称・催眠術師とラブホテルに行った話」前編!!
「鬼性欲ブス」こと藍川じゅんが、自らの強すぎる淫欲を満たすため、ありとあらゆるOCCC(おちんちんチャンス)にチャレンジ!  記念すべき連載コラム第一回は「自称・催眠術師」のNさんとのOCC...more
【鬼性欲ブスのOCCC道場第3回】バーでのW杯観戦でイケメン33歳のKくんといい雰囲気に…このままハットトリック決めちゃう!? しかし、Kくんの第二形態が…!? 「かかとでまんこをゴシゴシされた話」
自称「鬼性欲ブス」のライター・藍川じゅんが、自らの強すぎる淫欲を満たすため、ありとあらゆるOCCC(おちんちんチャンス)にチャレンジ!  第三回は「33歳のKくんに“かかマン”された」OCC...more
【鬼性欲ブスのOCCC道場第4回】興奮しすぎて体内の全血液が子宮に集中し、I.Qが25くらいにまで低下。突然のトラブルに頭のなかではドリフのBGMが鳴り響く…。「20歳の童貞くんとテレフォンセックスをした話」
自称「鬼性欲ブス」のライター・藍川じゅんが、自らの強すぎる淫欲を満たすため、ありとあらゆるOCCC(おちんちんチャンス)にチャレンジ!  第四回は「出会い系で捕まえた20歳の童貞くん」とのO...more
【鬼性欲ブスのOCCC道場第5回】ナンパ待ちの女の子たちがずらりと並ぶ、飛田新地のような有名スタンディングバーに突撃するもパリピの若人たちに蹂躙され…「イキッたパリピにマウントを取られたり、お世話をしたりした話」
自称「鬼性欲ブス」のライター・藍川じゅんが、自らの強すぎる淫欲を満たすため、ありとあらゆるOCCC(おちんちんチャンス)にチャレンジ!  第五回は「イキッたパリピだらけのスタンディングバー」...more
【鬼性欲ブスのOCCC道場第6回】てっとり早くお金を払って抜いてもらおうと、女性用性感マッサージを予約するも「31歳、自称・坂口健太郎似の抜作先生に雑にエスコートされた上に、膣をドスドスされた話」
自称「鬼性欲ブス」のライター・藍川じゅんが、自らの強すぎる淫欲を満たすため、ありとあらゆるOCCC(おちんちんチャンス)にチャレンジ! 第6回は前回、ナンパバーで全く相手にしてもらえなかった...more
【鬼性欲ブスのOCCC道場第7回】旧友が集まった楽しいはずの飲み会が一転、マウンティング地獄に…「知らない女に『早稲田の人はセックスが下手』って言われた話」
自称「鬼性欲ブス」のライター・藍川じゅんが、自らの強すぎる淫欲を満たすため、ありとあらゆるOCCC(おちんちんチャンス)にチャレンジ! 第7回は楽しいはずの飲み会で見ず知らずの女に因縁をつけられ...more

先日、担当編集者の滑川氏に「次のOCCC道場では、松坂桃李きゅんの映画のレビューを書きます!」と宣言しました。

その映画とは、もちろん空前の大ヒットとなった(私の股間に)『娼年』のことです。大好きな桃李きゅんの御尊顔&御臀部のホクロを眺めながら仕事して、大好きなお金をもらえるなんて、一石二鳥だわいと豚フェイスでほくそ笑んでいたのですが、そうは(肉屋の)問屋が卸さなかった。

DVDを一時停止しながらコラムを書くはずが、すぐマスをかいちゃう。女なのでマスではなくセルフプレジャーなんですが、好きなシーンごとについつい女性らしく、を新しくしてしまい、仕事がいっこうに進まない。結果として、予定していた日時を過ぎても原稿は上がらず、私の新陳代謝がよくなっただけでした。

仕方ないので、今回は私の青姦の思い出を語りたいと思います。

もう時効なので書きますが、私も昔は御多分に洩れず、カジュアルに青姦してました。私の言う「時効」や「昔」が果たして何年前なのかは、細かく追求しないでください。するなっつってんだろ!

ただでさえ有り余ってる性欲が、酔っ払うと一気に爆発し、場所を問わず半裸になって「お抱きなさい!」と迫ってしまう系痴女なので、もうそこの公園のトイレでいいから!みたいなことがよくありました。

「東電OLに最も近い女」という異名がついていた。確かに、セブンのおでんの汁をカップに並々と注いで、スタバのトールサイズ気取りで持ち歩いたりしてるので、ちょっと似てるかもしれない。

ちなみに、トイレは壁と天井があるので、もちろん青姦からは除外します。

一回、パン工場の敷地内でおしっことフェラしたことがあるんですけど、セックスはしてないし、私の尿の成分が混ざったことにより、パンがより美味しくなったはずなので、これもセーフと見なします。

余談ですが、こういうふいなフェラチオの時、カリ首の筋にチンカスがこびりついてることがある。そういう時は「こやつめ、油断しておったな♡」と愛でてしまうんですが、ホテルに行くとわかっててチンカスビッシリ、尚且つ即尺を求めてくる失礼な奴もごくたまにいるので、そんなチンカス野郎にエンカウントした時は、全部舐めとってそのままキスしてご本人にお返しします。

しかし、某運動施設の裏口でクンニしてもらった時は、さすがに怒られました。警備員さんに見つかって「何してんの〜」と大声で注意され、クンニだよ!見ればわかるだろ!!と思ったんですが、皆無と言われがちな社会性を捻り出して、「あっ、すみません」と謝りました。まんこ舐められながら真顔で謝罪したの、生まれて初めて。

また、某市役所の庁舎と庁舎の間で立ちバックした時は、怒られはしなかったものの、翌日確認してみたら実は四方八方に監視カメラが設置してあり、完全に撮られてました。

やべー!と思った0.03秒後に「でも住民税払ってるし、いっか!」と開き直り、事なきを得ました。この迂闊さ、プライスレス。

それから時を経て、2017年に「知らないおじさんと明治通りの歩道橋でペッティングして警察に補導される」という新たな事件を勃発させてしまうわけですが、それは以前デラべっぴんRさんで書かせていただいたので、もうお腹いっぱいでしょうから割愛します。

【Get Wild and 逮捕!?】女性ライターがお酒を飲んでたら、いつの間にか下半身丸裸で知らないおっさんに歩道橋で手マンされていて警察に怒られたお話
先日、実際に私が体験したお酒の恥ずかしい失敗談をお話しさせてください。 飲み会からの帰り道、ちょっと飲み足りなくて一人で隣町のバーに入りました。そこでしこたま飲んだのに、さらにもう一軒寄ってしま...more

いかがでしたか?(検索上位に出てくるゴミサイト風)

甘酸っぱい青姦の思い出を語ったところで、過去の不法侵入・公然わいせつを告白しただけの誰も得しない内容となってしまいましたが、もはや「誰も得しない・喜ばない・役に立たない」が当コラムのモットーみたいなものですので、諦めてください。

さて、そろそろ桃李きゅんが呼んでる(幻聴)ので、セルフプレジャーに戻りますね。

文:藍川じゅん
ライター。
女子SPA!にて「逆ナンする女性たち」シリーズ不定連載中。
ハンドルネームは永田王。
◉Twitter:@hakiinu
(イメージイラスト:ドルショック竹下