deraT

某ハプバー経営者が主催!!会員のみが参加を許される秘密の温泉乱交旅行とは?!【エロ都市伝説調査隊】

かつて開催されていたハプバー主催の乱交旅行

 今から数年前、新宿にあるハプニングバーの経営者が混浴温泉バスツアーを行って、公然わいせつで逮捕されるという事件があった。警視庁生活安全特別捜査隊によると、貸し切りバス車内で性行為をしたとして、ツアー主催者および参加者ら4人を公然わいせつなどの疑いで逮捕したというのだ。

 この問題のツアーを主催したのは、前述のようにハプバー経営者なのだが、その他にも著名な音楽プロデューサーを含む男女12人が参加しており、彼らはみな店で知り合ったという。

 この「大人の遠足」は約2年間で計7回も行われ、参加費は男1万5000円、女3000円。日帰りの混浴温泉ツアーでは、バス車内で全裸の女性の下半身に触れるなどした疑いがあり、かねてより内定捜査が進んでいたとされている。

 警察の調べによると、このツアーを通しての利益はほとんどなく、主催者はあくまで趣味が高じたものと供述したそうだ。

 そもそもハプバーとは、客同士がわいせつ行為を見せ合うのが売り物だ。露出癖のある男女が気の合う仲間でバス旅行というのも、こう考えるとごく自然な流れにみえる。

 しかし一方では、そのハプバー自体が相次ぐ摘発により淘汰され、都心ではかなり珍しいものになってしまっているという現状も見逃せない。乱交パーティもハプバーで実際に顔なじみになった同好の士たちで行うのではなく、ネットを介して参加者を募るのが主流だ。はたして、このご時世に危険なエロツアーを決行している業者が存在するのだろうか? 編集部員たちはさっそく調査に動き出した。

 

珍アイデアで活性化する裏風俗業界!?

 先走ってサービスエリアでおっぱじめようとする男女もいるらしいが、これは伊藤氏が止めさせるとか。

「さすがにね、サービスエリアはマズイ。盛り上がるのは分かりますが、警察も立ち寄りますし。だから参加者には、バス車内や温泉など貸し切った空間のみで遊んでもらうよう注意しています」

 一歩間違えれば、楽しいツアーが台無しだ。伊藤氏が慎重になるのも分かる。

「宿に着いたら、あとは文字通り酒池肉林です。さらに露天風呂があるときは、やはり盛り上がりますね。普段なら決して味わえない状況ですから」

 伊藤氏の店では、このようなツアーを年3回ほど実施しており、今後も続けていく予定だという。最後に伊藤氏は、エロバスツアーについてこう言った。