deraT

【夢見照うた初トークライブ激白レポート!】アイドルオーディション秘話、地下アイドルマル秘話などぶっ飛び、ぶっちゃけトークで圧倒! 「AVファンがいちばんキレイ!」とファンを絶賛!

「あなたはまだ本当の夢見照うたを知らない」レポート

4月にmillion専属でAVデビューした夢見照うたちゃんが7月11日、阿佐ヶ谷ロフトAで「あなたはまだ本当の夢見照うたを知らない」と題し、初のトークライブを開催!

デビュー時から『3大アイドルグループ最終オーディション全て合格したAVアイドル』として話題になっているうたちゃんだけに注目が集まり、会場は超満員、メディアの取材も複数あり会場は大にぎわいとなりました。

司会進行はプロインタビュアーの吉田豪さん。アイドルトークイベントではお馴染みですが、セクシー女優とのイベント開催はレア。それだけにどのような展開になるのか楽しみです。

まずは「アイドルに思い入れはあるか」聞かれると、「本気でアイドルをやりたいかって言ったらそうでもなかった。お母さんが松●亜弥が好きで、アイドルが好きだったのでライブとかに連れて行ってもらったりした。当時はコールとかも分からないから、男性が騒いでいるなって感じだった」とアイドルに対してはクールなうたちゃん。

「アイドルグループのオーディションを受けたきっかけ」を聞かれると、「母が受けてと言ったから、何となく受けたことが始まり。姉が全くそういうことに興味がなく、私が託されたんでしょうね」とこれまた母親の影響とのこと。

 

オーディション話になると、「最初に受けたグループは自己紹介、自己PR、受かったら通知が来てダンスの審査をやる。最後まで受かりました。でも、(最終審査は)You Tubeに載るからイヤなので行かなかった。基本緊張することがない。次に受けたグループはカラオケがあって好きな歌を歌えるんです」と審査内容を具体的に語ってくれます。

 

続けて最初に受けたグループの面接を聞かれると、「面接はプロデューサーTさんです。あとは知らないおじさんです。覚えていない、あまり覚えていないんです。Tさんは本当にしゃべらなかったです。いるだけでした。おでことか奥歯を見られました。あと『化粧が濃い』って言われました。書類とかも自分が書いてないです。親が書いたので何を書いているのか分からなかった。特技がバイオリンって書いてあったけど、バイオリンやってないし(笑)」と当時の思い出を語ります。

次に受けたグループのオーディション話では、「何踊ったけな? 何か最後にやらされましたね。プロデューサーのAさんから質問されたけど、口を開いてしゃべらないから何を言っているのか分からなかった(笑)。聞き直したところで分からないもん(笑)」と天下の売れっ子プロデューサーを評するうたちゃん!

 

また、誰もが知っている別グループのオーディションでは、「オーディションは楽しかった。右、左と写真を撮られたんですよ。そして、またプロデューサーAさんに会うけど、何を言っているのか分からなかった。口を開いてしゃべらないんですもん(笑)。(このグループでは)お披露目会見直前まで行ったけど行かなかった」とここでも暴走トーク。

地下アイドル時代の話になると、「当時、付き合っていた彼をライブに連れてきたからクビになった。仕方ないよね。新宿ReNY(アイドルがライブを行うホール)とか、2階席を見た方がいいよ、男とかいたら絶対に彼氏だよ。ガチ! ガチ! ガチ! 大きい会場で2階を見た方がいいよ。ワンマン(ライブ)がおすすめ。ワンマンは絶対にやるよ。彼氏ひとりでは来ないの。友達とか連れてくる」とありがたいアドバイスをしてくれました。

 

アイドル話もひと段落付き、注目のAV話では「この業界に入ってファンのTシャツが濡れていないの! だからハグできるもん。見習って欲しいAVのファンを。いい匂いがするもん。私、ハグした時に匂いを嗅ぐもん。メイド、アイドルをやっていたけど、AVファンがいちばんキレイ! みんな清潔! いちばんうざいファンは説教するオタク。本当にイヤなの。結構、気にしちゃうからね」とAVファンを称えるうたちゃん。AVファンでよかった~!

そして第1部の最後はAV女優になった話に。

「橋本ありなちゃんが好きでオタクをしていて、AV女優になれればいいかなと思った。AV女優さんはさらけ出しているじゃないですか。それでいまの事務所に面接に行ったら、すごいジュースをくれるの! それでいまの事務所に決めました。お母さんにデビューすると言ったら『気を付けて』と言われた。やりたいように生きなさいっていう人。兄弟含め家族みんな知っているもん。弟はAVを買ってくれて広めてくれたもん。LINEで感想を送ってくれるもん。いい弟よ。いつかみんなに紹介したい。お兄ちゃんも見てくれているもん」と素晴らしい家族愛を語ってくれました。

文字ではよく見るマシンガントークですが、まさにその現実版! うたちゃんの圧倒的な面白さにファンは圧倒されっぱなしでした。

>>次のページ 痴漢モノに出たいんです