deraT

【配信特化型AVメーカーFALENO専属デビュー!有坂真宵インタビュー】「愛が二次元に偏っていたせいで、三次元に全く興味がなかったんですよ」前編

wakuwaku1honeyderaT

5月16日に配信特化型AVメーカー・FALENO(ファレノ)から専属女優デビューを果たした有坂真宵ちゃん。人生初のインタビュー体験にドキドキのようでしたが、AV出演のきっかけや初体験の話まで赤裸々に語ってくれました!(全二回・前編)

知らないことだらけな分、とにかくやってみなきゃわからないよねって感覚でした

—— 真宵ちゃんは今日が初めてのインタビューということで。かなり緊張した面持ちだけど大丈夫かな?

有坂真宵(以下、有坂) はい、ちょっと恥ずかしいのと何を話せばいいんだろうっていうので頭がグルグルしてますが……。頑張ります!

—— とっても可愛い声だね〜。そんなに力まずに、雑談くらいの感じでお話してこうよ。とりあえず、AV出演することになったきっかけを聞かせてもらえるかな?

有坂 もともと好きなAV女優さんがいて、ツイッターをフォローしたりとかもしてて、ずっと憧れを抱いてはいたんです。でも、いろいろ見ていくうちに興味がどんどん沸いてきちゃって。一度だけでも話を聞いてみたいなと思って、事務所に連絡をしました。

—— なんと自ら応募したとは! 前々からAVファンではあったんだね。ちなみに女優さんだと誰が好きなのかな?

有坂 明日花キララさん、三上悠亜さんが好きです。

—— 業界が誇るトップ女優だね。イベントなんかにも足を運んだりしてたの?

有坂 いえ、そこはまだ勇気が出なくて行ったことがなかったんです。でもSNSはほんとに細かくチェックしてて、いつも「カワイイなあ〜」って思ってました。化粧品なんかも真似してたんですよ。

—— 完全にファンだ(笑)。AV作品自体は見たりしてた?

有坂 もちろん見てました。ちゃんと好きな女優さんが出演するものはチェックしてましたよ。

—— 作品を見ない女優ファンも多い中でその姿勢は偉いな!AVファンの鑑だ!

有坂 ありがとうございます。褒められちゃった(笑)。

—— 真宵ちゃんは女優デビューをする前は何をやっていたのかな?

有坂 保育士を目指してました。今はちょっとその夢はお休み中ですけど。

—— とりあえず今は女優さんとして邁進中ってとこかな。デビュー作の撮影はいつ頃行われたの?

有坂 今年の1月くらいだったと思います。もう、めちゃくちゃ緊張しまくって。右も左もわかんなくて、最終的には「流れに身を任せるしかない」って。

—— 初めての撮影でその境地に行きつくのはなかなか肝が据わってるよね(笑)。

有坂 知らないことだらけな分、とにかくやってみなきゃわからないよねって感覚でした。順をおってひとつ一つクリアしていこうって。

—— 気持ちがどっしりしてるな〜。もともと、エッチなことに対しての好奇心は強い方だったの?

有坂 そうですね。けっこう昔からアニメとか二次元系のものが好きで、興味はぜんぜんありました。

—— ちなみに、これまでのエッチの経験人数は?

有坂 ……一人なんですけど。人生初の彼氏だけ。

—— えっ?!一人なの。今、真宵ちゃんって確か20歳だよね?

有坂 はい(笑)。先ほども言ったように愛が二次元に偏っていたせいで、三次元に全く興味がなかったんですよ。で、「この辺で彼氏くらいいなきゃヤバいかな」って思っって、焦って頑張って作った彼氏が初体験の相手です。

—— (笑)。好きな人ができたわけじゃなく、必要に駆られて作ったわけだ。

有坂 仲良い友達もみんな彼氏できちゃったから私も……くらいの感覚でしたね。

>>次ページ「もうとにかく、処女を脱したくて仕方がなかったんですよ」

タイトルとURLをコピーしました