【レズビアンAV女優・椎名そらインタビュー】「久々の男性だったとこうこともあって、初AVセックスは凄く緊張しました。三、四年ぶりだったのかな」前編

pla00061jp-4

「出会って速攻、女優の方から襲いかかる生中出しSEX 椎名そら」

続々と作品がリリースされている人気AV女優・椎名そらちゃん。
月島ななこちゃんとのレズコンビ・BIBIANSとしても活躍中。
そんな彼女にプライベートからAV撮影まで色々きいちゃいます!

今こそナンパJAPANデビューの真実を話そう!

——椎名さん、デビューは2015年10月にナンパJAPANから、「アマチュアバンドのヴォーカルをナンパしてAVデビュー」ということですが……その設定はさておいて、ホントはどういった経緯でデビューに至ったんでしょうか。

椎名 BIBIANSの彼女(月島ななこ)とガチのレズで、AVに出たら面白いんじゃないかっていう冗談から始まったんです(笑)。

——AVデビューより前からお付き合いされてたんですね。

椎名 そうですね、もう付き合って3年目になります。

——そもそもバンド活動ってプライベートでしていたんですか?

椎名 言っていいのかな。一切してないです(笑)。だから「ギター弾けてないしアンプ繋いでない」ってユーザーに書かれて(笑)。

——レビューでは歌も酷評されちゃってますが……。

椎名 あれ、私のせいじゃないですよ(笑)。デモテープが音痴のまま来たので、そのまま歌ったんです。

——そんなことが(笑)。ちなみにデビュー作はハメ撮りでしたけど。

椎名 私、前の仕事がカメラマンだったんです。だから撮る側だったんですよね。

——えっ、カメラマンだったの!?

椎名 はい。だから元々人前に出るのは凄く苦手だったんですけど、今は撮られて出来上がった時に「こう映ってたんだ〜」っていう視点で楽しんでます(笑)。

——初AVセックスの感想は?

椎名 緊張は凄いしました。久々の男性だったということもあって。3,4年ぶりだったのかな。

——年単位! じゃあ、プライベートでは男性経験は…?

椎名 今は彼女がいるので、そういうのは一切無いです。

——そうか! という事は中高生の時しかヤッてないって事?

椎名 そうそう。だから本当にもう全然記憶になくって(笑)。

≫次のページ 初体験はロリコン高校生と