「想像の斜め上をイク下品さ&エロだった!」追い剥ぎ女王・若林美保の他、あの美熟女AV女優・伊織涼子が初参戦! CPE 女祭り2016!寒中お下品キャットファイト ガチンコレポート!!

★シェアお願いします

2016年12月29日、新木場1stリングにてキャットファイト組織Cat Panic Entertainmentの15周年記念興行である『CPE 女祭り2016!寒中お下品キャットファイト』が開催された!

キャットファイトといえば、女同士の熱き闘いが繰り広げられる究極のエンターテインメント。時にはファイターたちが水に濡らされたり、裸になったり……。ある種のフェチズムも掻き立てられる魅惑の格闘技なのだ!

そして今回、CPEに初参戦となるのが、なんと美熟女AV女優・伊織涼子 セレブ系人妻を演じさせたら右に出るものはいないと言われる彼女が、キャットファイトを繰り広げるなんて……!! これには驚きを隠せなかったが、この意外性のあるキャスティングもCPEの魅力。その闘いぶり、とくと目に焼き付けさせてもらおうではないか。

イベントは、急逝されたCPEの創立メンバーであり、ファイターとして活躍していた梅宮貴子さんへの追悼の10カウントゴングでスタート。会場にいる観客・選手全員が彼女の冥福を祈った。

闘いの火ぶたが切って落とされる。オープニングマッチは、競泳水着キャットファイト。梅宮さんの同期ファイターである鳳華VSニューハーフファイター・びりりあんみりんだ

この試合は、魅せる格闘であるキャットファイトとしては、あまり派手さのない試合内容だったように感じた。しかし、確実にキメにかかる関節技・寝技を中心とした鳳華の闘い方は、まさにガチの格闘技スタイル。これはこれで見ごたえがある!

続いては、羽柴まゆみVSきゃんでぃぺろみ。こちらは罰ゲームマッチで、負けた方が官能小説を朗読することになっていた。しかし、きゃんでぃぺろみ羽柴の圧倒的なパワーに圧されて瞬殺。

MCが書いたクオリティ低めの官能小説を真面目に読み上げるきゃんでぃぺろみロリ度の高い衣装だったせいか、グっとくるものがあった。

試合は徐々に過激さを増していき、ついにアイドル同士がぶつかり合うセクシーアートマッチに! カルト系ロリアイドル・白玉あもと、アイドルヲタアイドルのみでぃが、熱き火花を散らした。この闘いでは、見届け人の三代目葵マリーが持ってきたアダルトグッズを凶器として使用が可能。お互いを責め合うという闘いだ。

ビキニが外れ、乳房を露わにしながらも闘い続ける2人のアイドル。どちらも甲乙つけがたいほどにエロく、そして美しかった。試合自体はみでぃが優勢で白玉あもを責めに責める! しかし突如、白玉あもが自ら巨大ピンクローターで昇天し自爆。セクシーであったかどうかが基準という、三代目葵マリーの判定により白玉あもの勝利となった。

CPEでお馴染みのバナナマッチは、男性の股間にあてがったバナナを奪い合い、セクシーパフォーマンスを魅せるという際どすぎる試合内容! 今回は初代ミニスカポリスの福山理子VS肉感コスプレイヤーのせつなあやめVS体重160キロのさちこYOKOZUNAによる3WAYマッチとなった。

キュートなせつなあやめが果敢に仁王立ちバナナフェラに挑めば……

ボディストッキング姿の福山理子が騎乗位バナナフェラで対抗し、痴女テクニックを駆使して会場を沸かせる。

負けじとせつなあやめが、パイズリフェラでさらなる悩殺!しかし……

さちこYOKOZUNAが全体重を2人にかけて、どーーーーん!!!

2人が伸びている隙に、バナナ男を顔面騎乗して気絶させてしまったさちこYOKOZUNA。試合はノーカウントとなってしまった。ぜひ来年は、この決着をつけて欲しいところだ。

後半へ続く》