deraT

「僕たちがHしているところを見て、シコッてくれる方を募集します。当方、男28歳、女20歳、交際3ヶ月です。メールお待ちしております!」【平成変態カップルたちのSEX白書!!】

僕たちがHしてるとこ見てくれませんか!?

「僕たちがHしているところを見て、シコッてくれる方を募集します。当方、男28歳、女20歳、交際3ヶ月です。メールお待ちしております!」

 開放感あふれる夏に増えるのが、アブノーマルなセックスにハマるカップルたち。ネトラレ相手の募集や3Pへの参加を呼びかける書き込みがあることで知られる某変態掲示版には、夏になるとさらに多くの書き込みが集中する。

 で、そんな掲示板のさまざまな書き込みをチェックしていたところ、まず目に飛び込んできたのは、上記のような文面で覗き相手を募集するカップルだった。自分たちのセックスを覗いて、オナニーしてくれる相手を探しているという。

 さっそくこの書き込みをしていた28歳の男性Kさんにメールを送り、取材したい旨を伝えることにした。すると間もなく返信があり、しばらくメールをやり取り。もともと誰かに覗かれることを希望していただけに、取材は意外なほどあっさりOKが出た。

 約束の日時に彼氏から指定された池袋のシティホテルに向かい、近くから改めてメール。部屋番号を教えてもらって中に入った。

「こんばんは~、お待ちしてましたよ!」  ニッコリ笑って出迎えてくれた彼氏は、意外にも真面目なサラリーマンって雰囲気。一方、少しはにかみながら会釈してくれた彼女の方は、元AKBの川栄李奈に似た可愛らしいルックスが印象的だった。

 ちなみにふたりが「覗かれると興奮する」という性癖を自覚するようになったのは、1ヶ月ほど前のこと。

「夜の公園で野外セックスをしている時、近くで物音がしたので振り返ったら、知らないオジサンと目が合ったんです。で、彼女に『覗かれている』って耳打ちしたんですけど、そしたら彼女が豹変。『やだ、恥ずかしい』なんて言いながら、自分から腰をガンガン振って、オマ●コをきつく締め付けてくるんですよ。その時の彼女の淫らな姿を見て、僕自身も今までにないくらい興奮しちゃいましたね」

 以来、覗かれる快感が忘れられなくなったふたり。しかし覗きが出没しそうな場所に出向いて野外セックスするのは、リスクが高い。そこで掲示板で募集をかけ、ホテルで直接覗かせることを思いついたという。

「じゃあ僕たちのセックスをガッツリ覗いて、オナニーしていってくださいね!」  と彼氏に言われて、記者もティッシュ箱片手に全裸待機。全力で鑑賞させてもらうことにした。

 キスの後、彼女の服を脱がせていく彼氏。全裸になった彼女はスレンダーな割におっぱいが大きくて、実にエッチな身体付きだ。

 しかしそれ以上に興奮させられたのは、やはり敏感な反応。彼氏にオマ●コを弄られると、大量の愛液が溢れさせた彼女、股間は早くもぐしょぐしょだ。

「ほら、愛液が糸を引いている。コイツ、見られて興奮しているんですよ」  彼女を四つん這いにさせた彼氏は、こちらによく見えるようにオマ●コを開かせて、指をズポズポ。糸を引く愛液はもちろん、同時にヒクヒクするオマ●コとアナルもエロすぎる。

「じゃあ、そろそろ挿入するんで、しっかり見ておいてくださいね!」 と宣言した彼氏は、彼女のバックに回り込んで挿入。結合部がよく見えるようにという配慮からか、少しカラダを離して数回抜き差しした後、激しい勢いで腰を振り始めた。