deraT
maccos

【大好評連載! 川上パイセンカウントダウン対談カウント8】『デビュー前にお会いした忘年会でポロっと「絵本を書きたいんです」って話したら、川上さんが「いいじゃん!絵本!」って1秒くらいで回答してくれたんです』(八木)【後編】

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

連載開始時から話題沸騰! 20222月にアダルト界から引退する川上奈々美ちゃんが毎月、様々なセクシー女優と真剣勝負の対談を敢行! 人生の酸いも甘いも嚙み分けた奈々美ちゃんが気になるゲストを呼び、今後の人生設計やプライベート話をガチンコで聞き出すのだ。

3回目のゲストは事務所の後輩である八木奈々ちゃんを指名。尊敬する大先輩を前に緊張する奈々ちゃんだったが次第に打ち解け、内容はアダルト話のみではなく人生の深い話にまで広がった。15,000文字に及んだ、人生のぶつかり稽古をご覧ください!

■インタビュー前編&中編

【大好評連載! 川上パイセンカウントダウン対談カウント8】事務所の先輩後輩がみせた魂の会話に感動!「一人の人として惹かれて好きになりました」(八木)「嬉しい! 嬉しいよ!」(川上)【前編】
【川上パイセンカウントダウン対談カウント8】デビュー2年目の八木ちゃんの胸中とは?「AV女優としての八木奈々を誰かの記憶に残したい。だから、今いろんな仕事の選択肢があったとしても、AVの撮影に一番力を入れています」(八木)【中編】

川上パイセンカウントダウン対談カウント8・後編!

八木 はい。それで言うとAV女優としてやりたいことはいくつかあるんです。引退後は先ほど話した目標や夢があるんですけど、引退する前に私は絵本を出したいと思っているんです。小さい頃から絵本作家になるのが本当に夢だったんです。

デビュー前にお会いした忘年会で川上さんにその話はしたんですよ。ポロっと「絵本を書きたいんです」って話したら、川上さんが「いいじゃん! 絵本!」って1秒くらいで回答してくれたんです。

AVはアダルトの世界で、絵本は子ども向けなので対照的な場所にありますよね。小説だとそのジャンルに近づくことはできるけど、絵本だとどうしても難しいかなと思っているんです。正直、AV女優が書いた絵本と思わせる意図もないし、AV女優の肩書をつける必要もないと思っているんです。

ただ、私が現役のAV女優でいられるうちにそれができるのなら、それはすごく意味があるのかなって思うんです。趣味レベルですけど、今でも家で小説や絵本はいっぱい書いていているんです。

川上 自分の今の人生を利用して、自分が本当にやりたいことを叶えるか、それをしたくないかのどちらかだよね。だから、私は自分の人生をすべて利用してでも夢は叶えたいと思ったから、「AV女優です」って洗いざらい出そうと思ったし、実際に「AV女優です」って絶対に言うの。でも、それを出さない人生もありだと思う。

私もいまクラウドファンディングでそういう問題にあたっているけど、社会問題としてのクラウドファンディングだと、運営会社への手数料のパーセンテージが下がるの。私の提案したクラウドファンディングは偏見と向き合う社会問題と通じることだから、それで申請したら、ある人に「手数料を減らすために社会問題を持ち出すのはどうかと思う」って言われたの。

誤解される言い方になってしまうかもしれないけど、その場に流され順応することが正解だと今までの人生無意識に思い続けてきたけど、その先は私には苦しいしかなかった。私はただ悪気のない偏見で人を苦しめている、本来なら愛が生まれるものも生まれなくなるの。

八木 なるほど。

川上 私も苦しんでいるし、周りにもすごく苦しんでいる人たちがいる中で、よくそんなことが言えるし間違いだって思ったの。でも、その場では自分の思っている社会問題って、そんなに大きくないんだって思っちゃったから言い返せなかった。

でも、信頼できる方に相談したら、その方も「社会問題だと思う」って言ってくれて、一人だけでも味方ができたから、その偏見を持った人に「蒸し返して申し訳ないですけど、社会問題なのでそちらで申請を出す必要があります。手数料を安くするために出しているつもりはありません。たくさん苦しんでいる人たちがいるから私は言っているんです」って強く言えたの。

無意識な差別があることを認識し、意識をちょっと向けてもらいたいだけなの。差別や偏見の存在を知ってもらいたいだけだから、その動きのほんの1ミリでもやらせて下さいってこと。

最近はハーフの人たちとたくさん触れ合うんだ。例えば日本人とアメリカ人のハーフだとしたら、アメリカではアジア人として、日本だと外国人として差別を受けるの。そういう問題の知識や感覚がこの国には欠けていると思ってしまうの。堂々と生きれたらいいんだけど。

タイトルとURLをコピーしました