deraT
maccos

【川上パイセンカウントダウン対談カウント6】小倉由菜ちゃんと白熱対談を実現!「このお姉さんたちは父親が好きそうなお姉さんたちだ。AV業界に入ればこのお姉さんたちみたいになれるんだ」って思ったんです(小倉)【前編】

wakuwaku1honeyderaTmaccos

毎回、ファン、業界関係者から大注目されている当連載「川上パイセンカウントダウン対談」も折り返し地点に差し掛かりました!

2022年2月にアダルト界から引退する川上奈々美ちゃんが、今月もセクシー女優と真剣勝負の対談を敢行! 人生の酸いも甘いも嚙み分けた奈々美ちゃんがゲストから今後の人生設計やプライベート話をガチンコで聞き出します。

今回は事務所の後輩でもあり、奈々美ちゃん同様、演技で人を魅了する小倉由菜ちゃんが登場!

約1時間40分、17,000文字にも及んだ真剣対談はファンのみならず、誰もが注目する内容になりました。先輩後輩のガチンコトークをご覧ください!(全3回・前編)

 

▼前回の対談はこちら!(ゲスト:生田みく)

【川上パイセンカウントダウン対談カウント7】生田みくとの1時間50分に及ぶガチンコ対談を大公開! 「出会いはみくちゃんが一般人の時に私のDVD発売イベントに来てくれたんだよね」(川上)「ただのファンでした(笑)」(生田)【前編】

 

川上パイセンカウントダウン対談カウント6・前編!

――お二人は2大AVメーカーともいえるメーカーの看板女優なのでAVでは接点がないですが、イベントでは何回も一緒に出演していますよね。

小倉由菜(以下、小倉) イベントではご一緒させてもらっています。

川上奈々美(以下、川上) 事務所のイベントやセクステとかね。一番初めに会ったのは覚えていないなあ。事務所のイベントかなあ。

小倉 それか多分、事務所でご挨拶をしたのかもしれないです。

川上 まずは人生グラフから見ていきましょうか。

小倉 はい、お願いします。

川上 「ここが幸せ絶頂!」みたいな人生のピークっていうピークはあるのかな?

小倉 ないんですよ。多分、私は100%幸せにはなりたくないんです。

川上 どういうタイプなんだろう(笑)?

小倉 ははは(笑)。

川上 幸せになるのが怖いとかじゃなくて?

小倉 上がったら、絶対に落ちると思うので常に50%くらいのところでウヨウヨ、ウヨウヨしていたいんです。人生に荒波を立てず、危害を加えられずに。

川上 そこが50%だとしたら、ずっとその状況を保ちたいの?

小倉 そうですね。

川上 じゃあ、欲を出すこともあまりないのかな?

小倉 このグラフは自分自身の幸福度みたいなところで考えたんです。幸せとか充実しているとか中身の部分の満足度を書いたので、仕事とはまた別なんです。仕事は自分の頑張りや運や努力もあるので、あまり想像できないんです。

川上 仕事と幸せは比例していないんだ?

小倉 そうですね。別かな。

川上 いまは仕事に満足しているってことかな?

小倉 そうですね。伸びしろがまだ全然あると思うので。

川上 そこから下がるのも怖い感覚はあるのかな?

小倉 あります。

川上 デビューしていま何年目だっけ?

小倉 もう少しで5年目になります。

川上 一番いろいろ考える時か!?

小倉 そうかもしれないです・・・。デビュー時にソフト・オン・デマンド(以下、SOD)から新人が3カ月連続デビューする企画があったんですけど、私はその第3弾だったんです。プロモーションは大々的に打ってもらって、他の2人と一緒に行動することが多かったんです。

デビューして数カ月経って1人いなくなり、また1人いなくなり、気が付いたら仲良くしていた子が誰もいなくなったんです。それで「数字で評価される世界なんだな」って分かり、そこからはしがみついて頑張っているんです。

川上 それはデビューしてからいつ頃、分かったの?

小倉 デビューして4カ月くらいです。そこから必死です。作品がどれだけ売れたかは教えてくれないので、周囲の対応で判断するしかないんです。だから、周りの人の対応は敏感に察知していて、「いまは調子がいいのかな? 悪いのかな?」って考えています。

川上 すごく分かる! 長く続けられている子はそれができていて、すごくアンテナを張っているよね(笑)。プレッシャーは感じるのかな?

小倉 感じています。

タイトルとURLをコピーしました