deraT
maccos

【川上パイセンカウントダウン対談カウント0】カウントダウン対談最終回は女優、脚本家、そして川上なな実ドキュメンタリー映画の監督でもある灯敦生が登場!芸能界とAV界を繋ぐ夢の対談が実現!【後編】

wakuwaku1honeyderaTmaccos

 

前回の「カウント1」がセクシー女優最終回でしたが、「カウント0」は芸能界で活躍する女優であり、脚本家である灯敦生さんを招き対談してもらった。

この対談は奇しくも、なな実さんがAV界を卒業し、芸能界へ本格的に足を踏み入れる前日の5月31日に行われた。
そのため、未来へと繋がる対談となっており、なな実ちゃんの今後の活躍を期待させる内容となった。また、灯さんが監督、撮影をした川上なな実ドキュメンタリー映画の内容にも触れており、映画が今後どのような展開をみせるのか楽しみだ。

それでは、川上なな実がセクシー女優最終日に行った魂の対談をご覧ください!(全2回・後編)

 

そして、朗報! 当連載がデジタル書籍として発売予定です! カウント10から、今回のカウント0まで全文掲載しますのでご期待ください。

 

 

 

川上パイセンカウントダウン対談0・後編!

――今回、クラウドファンディングで資金を集めて、川上さんのドキュメンタリー映画『裸を脱いだ私』を制作しているわけですが、そもそもどこからドキュメンタリー映画撮影の話が出たんですか?

川上 一昨年の年末、敦生が脚本した舞台に誘ってくれたの。それまで敦生も私の浅草ロック座公演を観に来てくれたり、下北沢で写真展をやっていた時にも来てくれたりして、「私に興味を持ってくれているのかな。嬉しいな」と思ってた。
それで舞台を観に行ったらめちゃくちゃ面白かったんです。テーマは重いものだったけど、ユーモアがあって明るく面白いし、感動もするし、ステキだったから、サシで飲みたいと思い舞台の感想を送ったら飲みに行くことになったんです。

 めっちゃしゃべったね。

川上 めっちゃ飲んでしゃべったよね。

 その時にかなりのお酒好きって話をするから、きっと酒豪なんだと思っていたら、全然お酒が減らないんです。

川上 ははは(笑)。

 「これは私が気を遣わせている」って思い、私はめちゃくちゃ飲んだんです。そしたら私だけ出来上がっちゃって。

川上 敦生が何回も同じ質問をしてくるし(笑)。私はお酒の味は好きだけど、お酒は弱いから一夜に一杯くらいしか飲まないから。

 だったら先に「お酒は弱いんです」って言ってくれればいいものの、「(酒量は)海賊です!」みたいなノリで言われていたから。

――川上さんがお酒が弱いのはアダルト業界では有名です(笑)。

川上 あはは(笑)。

 知らなかった・・・。「飲みに行こうぜ!」、「酒飲みに行こうぜ!」って樽で飲む人の誘い方をするんです。

――それは面白いエピソードです(笑)。その席ではなにを質問したんですか?

 なにも知らないから、なにからなにまで聞きました。それこそ「AVはどこまでやっているんですか?」とか、「どういうきっかけでAV女優になったんですか?」とか、ちょっとインタビューみたいになりました。

川上 聞いてくれるのは嬉しいよね。しかも、女性だし新鮮味もあったからかもしれない。

 プライベートでAV女優ということに興味を持つ女性はいなかった?

川上 全くいなかったし、女性からそういう質問がくるのはなかったよ。

 まじで!?

タイトルとURLをコピーしました