deraT
maccos

『ぺちズムStage11』レポート!音琴るいちゃんとあめりんが、いろいろとエロエロな令和の時代をサヴァイブしちゃうぞ!

wakuwaku1 honey deraT maccos

『ぺちズムStage11』レポート!

ぺち・ズム【△ぺチズム】
「名詞」数多ある世間の意見に左右されず、己の好きな人物、アニメ、プレイ、その他諸々を徹底的に慈しみ、「ぺち」さんを生暖かい愛を持って見つめる様、またはその思想、イデオロギー。

5月27日、新宿レフカダにて、ぺちこと音琴るいちゃんのイベント『ぺちズム~ぺちが気になる人と好き勝手トークするイベント-Stage11-』が開催されました。11回目を迎えた今回のゲストは、サバゲ―を愛するホビー系オタク美女・あめりん!今年の1月からフリーでの活動をスタートしたあめりんが、ぺちズム二度目の登場となりました。

 


イベントは抽選会の賞品の紹介からスタート。アダルトグッズメーカー・トイズハートから提供されたオナホに2人のサインが入るレア度満点なスペシャルアイテムです。ぺちちゃんの持っているオナホは、トイズハートの新製品『性徒会長-ヴァージン』。高飛車なオナホの絡みつく締め付けと吸引が楽しめるそうです。

 

あめりんが手にしているのは、こちらも新商品『メイドさんのエッチなお仕置き』。人肌を目指した本物志向の質感と無数のイボイボで絶え間ない快感を与えてくれるとか。あめりんも「中にビー玉みたいなのが入ってるんですよ」と、良さをアピールしていました。

 

今回のテーマは「令和の時代をサヴァイブしようぜ!」。犯罪、大災害、突然のアクシデント……災いが日々襲い来るこの時代をいかにサヴァイヴしていくかの大討論会。二人協力体制でお題の結論を出し、推奨される答えとマッチしていればサヴァイブ成功。違っていたら罰ゲームです。

 

第一問は「無人島で行き残るには?」。飛行機の墜落、または船の海難事故で海に投げ出された、運よく無人島に流れ着いたら最初にするべき行動とは何か?!

 

ぺちちゃんの「他の生存者を探す」という提案に、「確かに『Dr.STONE』でもそうだった!じゃあ、石化を溶かす液体を作るとか?」と早くもオタク丸出しの例えで乗っかるあめりん(笑)。相談の末、やはりマンパワーは必要ということで「生存者を探す」に決定!

 

しかし残念ながら答えは「漂流物を探す」でした。漂流物は人間だけとは限らないということで、罰ゲーム執行。仮面ライダー1号2号のポーズをキメての写真撮影タイムです。

 

第二問は「痴漢冤罪に遭遇したら?」。ぺちちゃんの「とりあえずちんちんを見せてもらう。触られたら勃起しているはず」という珍回答に、あめりんが「インポかもしれないじゃん!」と反論。紆余曲折を経て「衣服の繊維が手についてないことをアピールする」という結論に達し、見事にサヴァイブ成功です!

 

第三問は「スズメバチに刺された時の対処法」。もしもあめりんの顔がハチに刺されてしまったら?というシチュエーションを仮定。ぺちちゃんが提案した「吸ってペッてする」に、お客さんからの「味噌を塗るといいらしい」という助言を加えて、「あめりんを味噌で美味しくしてから吸う」と回答。まったく意味のわからない行動です(笑)。

 

答えは「冷水をかける」で敢えなく罰ゲーム。2人はとんでもなく辛いと噂のおせんべいを食すことに。まずは辛いものは得意だというあめりんから。しかし、「鼻が痛い!鼻で息ができない!」と大悶絶。ちょっと齧っただけでこの表情です。

 

続いて辛い物が苦手なぺちちゃん。「噛めない!歯茎がヤバい!口の中がSM!食道が痛い!」と大騒ぎ。大ダメージを負ったぺちちゃん、肩をがっくりさせてポツリと「意気消沈ちん……」と呟いていました。そこに「デカちんちんの方がいい……」と被せてくるあめりん、さすがです。

 

さらに第四問目の「熊の襲撃から生き延びるには?」でも不正解だった2人は、カエルの歌の輪唱をオペラ調で歌うというメンタルにくる罰ゲームを遂行。ぺちちゃんは「ゲロゲロゲロゲロ」のところを「ゲコゲコゲコゲコ」と間違って歌っていました。

 

後半戦となる第五問目は「消防庁の防災の標語『おかしも』と、津波標語『津波てんでんこ』の意味とは?」。これに嬉々として2人は「『お』おっぱい揉んでいいよ」「『か』カリが好きなの?」「『し』しょうがないなぁ」「『も』もうイっちゃうの?」と、エロ標語に変換。腕がありますね!

 


『おかしも』は、「おさない・かけない・しゃべらない・もどらない」という意味でした。ここでぺちちゃんは、戻りたくない過去の話として「小学生の時に『ボボボーボ・ボーボボ』のところ天の助の彼女になる小説を書いていた黒歴史の時代」を挙げていました。この夢小説、ネット上のどこかにまだ存在しているかもしれないとのことです(笑)。

ちなみに、『津波てんでんこ』は「津波が起きたら家族が一緒にいなくても気にせず、てんでばらばらに高所に逃げ、まずは自分の命を守れ」という意味なのだそう。皆さんも覚えておいてくださいね。

 

ここで、意識のない人を救助・搬出する際の動きを実践してみるコーナー。体の力を完全に抜いたあめりんをぺちちゃんが立ち上がらせます。助ける側が意識のない人の背中におっぱいをぴったりとひっつけながら立たせるのがポイントなんだとか。

 

真面目な講習のはずなのですが、2人がやっていると不思議と百合の香りが漂ってきますよね。ついつい、邪な目で見てしまいます。

 

ついに終盤にさしかかった第六問目。「30度を超えた撮影現場で潮噴きした場合、体の水分の何%が奪われると熱中症になるのか?」という問題に、2人が出した答えは「8%」!しかし正解は「5%」ということで、罰ゲームとして変なポーズでの写真撮影。あめりんは江頭2:50、ぺちちゃんは種田仁のガニマタ打法をバシバシ撮られていました。

 

第七問の「妖怪・海難法師を追い払うために家に飾るものとは?」は、「お化けはエッチなものを嫌うって聞くから、ぺちのDVD!」「ディルドとか。ご神体だし!」と、どうしてもエロ方面に突っ走ってしまう2人。答えは「籠」とのことで、またもサヴァイブ失敗。この調子で罰ゲームばかりで終わらせるわけにはいかないと、気合を入れ直して最終問題に挑みます。

 

最後の問題は「テロに遭遇した場合に守るべき三原則とは?」。「3猿しか出てこない!」と見ざる聞かざる言わざるが頭から離れないらしいぺちちゃん。しかし、あめりんが先に「まず、逃げるでは?」と思いつくと、ぺちちゃんが続いて「じゃあ、もう一個は隠れる?」とナイスなひらめき!この2つ、正解でした!

 

三原則の残りは1つ。「服を脱いで誘惑する?」「しゃぶる?」と、やはりエロで応戦しようとする2人でしたが……なんと答えは「反抗する」でした。反抗の仕方は人それぞれ、ということでラストアンサー「しゃぶる」で見事にサヴァイブ成功です!

 

終わり良ければ総て良し。ぺちちゃんとあめりんは、きっとこれで激動の令和を生き延びていけるはずです。それでは、次回のぺちズム開催もご期待ください!

 

音琴るいTwitter:@pechan_1582
あめりんTwitter:@aamm_ll830
レフカダHP:https://lefkada.jp/
 
(取材:もちづき千代子
 
 
タイトルとURLをコピーしました