deraT
maccos

【のんちゃんといっしょvol.4イベントレポート!】トークイベント初登場の松本梨穂が心地いい京都弁でリラックストーク! 有村のぞみの司会進行も板につき名物イベントに!

wakuwaku1honeyderaTmyprimaccos

のんちゃんといっしょvol.4イベントレポート!

有村のぞみ(以下、のんちゃん)ちゃんが毎回、愉快なゲストを迎え、トークやゲームに興ずるイベント「のんちゃんといっしょvol.4」が、2月3日、東京・レフカダ新宿で行われました!

今回のゲストはトークイベント初登場の松本梨穂ちゃん。梨穂ちゃんは現在、人気AVメーカーのダブル専属。京都弁が特徴のキレイなお姉さん女優です。

 

前半は梨穂ちゃんのパーソナリティーやサイコロトークで盛り上がりましたが、かなり危ないテーマもあったので再現不可能(笑)。こういった会場でしか聞けないテーマは、イベントに参加したり、生配信を観たりして楽しみましょう!

前半終了後は、のんちゃんがデザインを手掛けるコスプレブランド「nonnon style」のアメリカンウェイトレス姿で撮影タイムに応じる2人。会場に足を運ぶと、こういった特典もあります。

後半も2人には大量のドリンクが贈られ、乾杯からスタート。会場のファンが書いたアンケート質問をもとに、2人への質問や感想が述べられます。

 

お互いの印象を聞かれると、「台湾イベントの打ち合わせで見た時、『お人形さんだ!』と思いました。先輩女優なのに気取らないし、優しかったです」とのんちゃんの第一印象を語る梨穂ちゃん。

一方、のんちゃんは、「台湾のイベントに行く前にSNSで調べたら、出来上がりすぎていて、しゃべりづらいと思ったんです。でも、超いい子だった。素が頑張りすぎちゃうから、本当に心配になるんです。こちらがお母さんみたいな気持ちになる」と梨穂ちゃんを気遣います。

 

続いて、自分が出演している作品で好きな作品はなにかと聞かれると、梨穂ちゃんは「デート作品が素に近いので好きです。あとは最近出たナースの作品があって(『神乳すぎて患者を発情勃起させちゃうビッ痴ナースのパイズリ挟射クリニック 松本梨穂』)、その作品は個人的に気に入っている。コスプレ衣装やシチュエーションもよくて、衣装が多い作品は好き」とおすすめの1本を紹介。

のんちゃんは、「素に近い作品が好き。お酒を飲んで破天荒になるヤバ目のギャルは『イエ~イ』って出来るし、自分の素を出せて楽しめるので好き。出演して面白かった作品は、潮のことを必ず『おつゆ』って言う設定があって、『おつゆが出ちゃった~』って言うんですけど、そういうツッコミを入れたくなるような作品は観るのも好き。ありきたりな王道パターンもいいけど、観ていて笑っちゃうようなシーンがあると観ていて面白い」と語ってくれました。

 

さらには、自分がAV女優だと目覚めた作品を聞かれると、梨穂ちゃんは「痴女モノ。プロデューサーさんから『こんなことも出来るんだ』って評価された」と喜びをあらわにします。

のんちゃんは、「デビュー3本目で急にスイッチが入ったんです。カメラも意識して、『女優なんだ』、『撮られているんだ』なと思いました。それまでは楽しくしゃべっているだけだったから、『仕事なんだ』と自覚した」と3本目の作品が転機だったと語ってくれました。

その他にも「節分はしたことがあるか」、「プライベートで大切にしていることはなにか」などが質問され、ファンに対し丁寧に回答する2人でした。

 

前半後半のトークコーナーもあっという間に終わり、2人の私物とサインの大プレゼント抽選会が行われます。同イベントの特徴として、このプレゼントが充実! 今回も10人を超える当選者が出ました。

そして最後は、「初めてのトークイベントだったけど、のんちゃんと一緒だったから楽しいトークが出来ました」と笑顔で感想を述べる梨穂ちゃん。

のんちゃんは、「梨穂ちゃんはこんなにしゃべり上手だから、今後も活躍してほしい」と締めの挨拶をしてくれました。

 

今回は2人のトークがスパーク。トークイベント初登場の梨穂ちゃんをのんちゃんが上手くリードし、大成功のイベントとなりました。

同イベントは今後もレギュラーで続きますので、次回開催発表をお楽しみに!

■同イベントの全編アーカイブはこちらのサイトから購入できます(視聴期限は2024年2月17日(土) 23:59 まで)。

2/3(日) のんちゃんといっしょ
【出演】有村のぞみ松本梨穂※出演者が変更になる場合がございます。何卒ご了承ください。【時間】開演18:00終了予定20:00 ※時間が変更になる場合もございます。 ツイキ..
有村のぞみX:@nozomi_arimura
松本梨穂X:@Matsumoto_Riho7
レフカダ新宿X:@lefkada_jp

(写真・取材:神楽坂文人

タイトルとURLをコピーしました