deraT

【ちょっと男子ぃ!AVの真似ばっかりしないでよー!】「ゴムをパチンと外して顔射NG」「中イキできるピストンはOK」などなど…ちょっとだけビッチな女性ライター・BetsyがAVの真似をしてはいけない点と、真似して欲しい点を解説!!

wakuwaku1honey

女性の”好きと嫌いだけで普通がない”性質や、急にエロい感じになる理解不明な性欲など、男性がわからない女性の真理を、女性ライター・Betsyが自身のエロネタをはさみつつ解説! 
第七回は「AVの真似をしてはいけない点と、真似して欲しい点」
モテたい&ヤりたい男性必読です!

↓前回までのコラム

「あの日、あのとき、なぜあの子はセックスさせてくれなかったのか?」ヤレそうだったのにヤレなかったあの日の理由をちょっとだけビッチな女性ライター・Betsyが解説! セックスをせがまれる男になりたいならコレを読め!
あの子の「イクイク!」ホントは嘘だった!? 女性がセックスで演技をする本当の理由を、ちょっとだけビッチな女性ライター・Betsyが解説!「女性をイカせるコツは、イカせようとしないこと」???
【ちょっと男子ぃ!もっとクンニしなさいよー!】SEXにおける「クンニの重要さとやるべき5つの理由」をちょっとだけビッチな女性ライター・Betsyが解説!! 『クンニは10分するつもりで挑んでちょうどいい!!』
【ちょっと男子ぃ!もっと清潔にしなさいよー!】「部屋に変な色のライトをつけたりするより、毎日洗濯して、陰毛をカットした方がモテます!」モテる男の家にあってモテない男の家にないものとは…!? ちょっとだけビッチな女性ライター・Betsyが解説!! 
【ちょっと男子ぃ!ちんこの大きさ気にしてんじゃないわよー!】大きくないとイカせられないの? 女性から嫌われているのは小さめサイズのちんこではなく実は…。ちょっとだけビッチな女性ライター・Betsyが解説!! 
【ちょっと男子ぃ!いい感じのとこでやめないでよー!】「乳首左右3秒ずつしか舐めないの何なん……??」。男性の愛撫の短さに一言物申したい!ちょっとだけビッチな女性ライター・Betsyが女性が喜ぶ前戯のちょうどいい長さを解説!! 

AVの真似すべきところはそこじゃない

「AVは悪いお手本になっているからAVは悪!」と言われているのを聞くと、AV好きとしては本当に残念な気持ちになります。コミュニケーション不足でセックスが上手くいかなかったことを「男はAVの観すぎよね!」という言葉でまとめられるのもなんだかなぁ…とモヤモヤしています。
AVをちゃんと観たことなさそうな人も言ってたりすることに関してはキレそうになります。

私は3桁には届かないとはいえそこそこ色んな男性とセックスしてきて、その経験の中で感じた男性のセックスへの文句をここで書かせてもらっています。でもセックスで嫌な思いをしたことは多少あっても、AVから影響されてるなと思ったケースはほとんどないんですよね。無理矢理潮を吹かされた時ぐらいです。

異性間のセックスだと、股間の構造が違うとか気持ちよくなれるまでの時間差があるとかの基本的な情報をお互いに交換できていないまま、男性だけがリードを求められるからトラブルが起こってしまうものだと思っています。セックスで変なことをするのは全部がAVのせいではないはずですよね。

むしろAVの真似をした方がいいと思うところもあって、私が女性向けや男性向けにセックスのテクニックなどを書く時には参考にしています。

ただし、AVでのセックスはカメラの向こう側でオナニーしている人に見せるためのセックスだから、AVで見た行為をそのまま自分がセックスする時に見よう見まねでやってしまうのはやっぱり良くないです。

素人が見よう見まねでやらかしたことで「AVが悪い!」とか言われたらムカつくので、真似してはいけない点と真似して欲しい点をまとめておきます。

 

キス&クンニ

AVでのキスとクンニは、画面の向こうで見ている人のために女の子のプルプルの唇とヌメヌメした舌を見せてあげるためのキスです。クンニはモザイク越しでも女の子が舐められていることがわかるように工夫したクンニです。だから舌を思いっきり出してかなり大胆に舌を動かしてるんですよね。

舌だけを絡ませるキスも、尖らせた舌で大きくベロベロ舐めるクンニも気持ちよくないです。だからそのうちセックスの始まりの合図としてしかキスをしなくなるし、頑張ってクンニした割に反応がイマイチだったりするわけです。

でも女性はキスが好きな人が多くて、キスだけでヌレヌレになって感度が爆発する人もいます。
クンニも、普段はイキにくいけどクンニではイケるという人も多いです。

気持ちいキスもクンニも、ポイントは唇です!

洋画のキスシーンのように唇をふんだんに使ったキスならキスだけで気持ちよくなっちゃいます。

クンニで気持ちよくさせてあげたかったら、AVのレズビアン作品が参考になります。舌だけでベロベロするんじゃなくて、クリトリスに吸い付くように唇を密着させてから舌を硬くせずに一定のスピードで舐め続けるのが本当に気持ちいいクンニです

 

ガシガシ手マン

よーく見て! 本当に男優さんはガシガシ手マンをやってますかね? 

よく見ると指をズボズボ出し入れしていないし、腕をガシガシ動かしてもないのがモザイク越しでもわかります。男優さんは沢山の女性とセックスしてきて女性の粘膜の弱さを誰よりも知っているはずですよね。だから潮を吹かせる時にも、アソコの中の潮を吹きやすいポイントをリズミカルに押すために手首のスナップを効かせているなという程度です。

ガシガシ手マンは「AV観すぎ!」と絶対に言われるから封印してください。

 

潮は出るからといって出していいものではないんですよね。「あーん!潮ふいちゃうぅぅ!」と口ではついつい言っちゃいますが「ゴリゴリに押しまくったら出るけどさ。別に気持ちよくないんだよね」と思ってます。

中には潮を吹かせられるのが好きな子もいて、素人だけどセックスの時に潮を吹きたいがためにオナニーで練習している子もいます。そういう潮吹きたがりの人となら問題ないと思いますが、潮を吹かせて興奮したいという理由だけで吹かせようとする人は、自分も射精直後に亀頭を猛スピードでゴシゴシ擦って潮を吹いてみたらいいと思いますよ。

 

ゴムをパチンと外して顔射

これをセックスでやってる人がいたら女子会で爆笑されてます。「あれマジでやる人いるんだ(ゲラゲラ)」って。わざわざゴムを外してお腹やおっぱい、顔にぶっかける意味が女性に理解されないことは多いです(ゴム無しは論外)。毎回顔に出されることにむかついて、精液を唇に塗りたくってキスでお返しした友人もいます。

私からすると、ちんこを引っこ抜いてゴムを外して、しごいて射精する工程に10秒かかるなら、引っこ抜かずに全力でその10秒間腰を振ってて欲しいんですよね。何一人でかっこつけてフィニッシュキメようとしてんの?って。射精直前のバキバキになったちんこによるピストンが最後の一押しになって一緒にイケるかもしれないのに…。ほんとに残念です。

 

AVの真似すべきところ

衛生面

風俗通いしていても、セックスの相手が変わっても、一度も性感染症の検査したことがない人もいるんじゃないでしょうか。AVは月1で検査していないと出演できないらしいです。遊んでない人も相手が変わったタイミングで検査してみてはどうでしょう。

歯磨きに舌磨き、フロス、女性の粘膜を傷つけないように白い部分が無くなるまでやすりで削った爪。そういうところも女子はめちゃくちゃ見てますよ。まずはそういう所を真似してみて欲しいですね。確実に性病じゃない、気になるニオイが無い、肌や粘膜を傷つけられないという安心感だけでも女性にとっては心とアソコの扉が少しだけ開きます。

 

思いやり

ベッドから頭がずり落ちそうになってないか、脚が痛そうじゃないか。夢中になっていると意外と気が付かないものですよね。
座位から正常位になる時に女性の頭を支えていきなりドスンと落ちないようにサポートする優しさ。
画面でアップにはならないけれど手を繋いでいてあげる優しさ。

モテはそういうところですよ!

 

腰使い

何よりもAVで一番学んでほしいのは、男優さんのピストンの安定感なんですよね。激しくバンバン突くのは求められていません。それより上半身も下半身もブレずに骨盤だけを一定のスピードで小刻みに振る。アレが気持ちいいんですよ。

中イキできるピストンはアレです! 絶対に真似して欲しい!!!

 

体位変換

毎回毎回決まった体位ばかりしている人も多いと思いますが、体位を選ぶ基準が「俺がすぐイカない体位」「俺が激しく動ける体位」になってませんか?女性にも好きな体位、感じやすい体位、イキやすい体位、本当はやってみたい体位があります。

コロコロと体位を変えまくる必要はないんですけど、たまには滅多にやらない体位に挑戦してみるとか、やってみたい体位を言い合ってみるとかして、お互いに気持ちよくなれそうな体位を見つけて欲しいです。

———–

AVを見ていれば体位のバリエーションも増えますよね。ついでに体位を無理なくスムーズに変えるところも見て欲しいです。正常位で女性にしっかり抱きついてもらって、よっこらしょと体を起こして座位。しばらく楽しんだら自分が後ろに倒れて騎乗位、というような変換もコツを掴めば楽勝です。

ホスピタリティはデビューものから、クンニや手マンはレズものから、女性のツボは女性向けAVから学べます。好きなジャンルのAVもあると思いますけど、いつもと違うジャンルを観てみるのも楽しかったり新たな発見があったりしますよね。抜きどころまで早送りせずにたまにはじっくり観てみてください。

(テキスト:Betsy

タイトルとURLをコピーしました