deraT

【葵いぶきインタビュー】デビューから4ヶ月。全6作品をいぶきちゃんと一緒に振り返る!「サンプル動画を見てみてビックリして(オマ○コが)めっちゃ赤いやん、大丈夫かなぁって。炎症起こしてるのかなぁと思ったぐらいだったんですよ」【前編】

wakuwaku1honeyderaTmypri

2020年7月にデビューした葵いぶきちゃん。この4か月で撮影した作品の数は6作。その全作品をいぶきちゃん自らレビュー!
さらに撮影の時の様子やプライベートの話など、いろいろ教えてくれました!

「撮影前日は別に緊張というよりは楽しみだなぁって。でもスタジオに入った途端、むっちゃ緊張しましたね」

── 今日は葵いぶきちゃんもデビューして4ヶ月が経つということで、作品を振り返りつつ、いろいろ話を伺いたいんですが。

いぶき よろしくお願いします。

── まず一通り見させてもらったんですけど、いぶきちゃんってデビューするまで「AV」を見たことがなかったって本当ですか?

いぶき なかったですねぇ。だから(出演作品のパッケージを指して)こういう設定があるとか、どういう方が活躍されているかとか全く知らなかったですね。

── それまで「AV」っていぶきちゃんの中でどういうイメージだったんですか?

いぶき イメージですか?

── 黒い服を着た怖い人がいっぱい出てくるとかさ。

いぶき ああっ(笑)。

── どっかに売られちゃうんじゃないかとかさ(笑)。

いぶき そういう悪いイメージはなかったですけど(笑)、手の届かないところというか、自分には縁のないものだと思ってましたね。

── 返って全くイメージがなかったから飛び込みやすかったのかなぁ。

いぶき (AV出演の)話を聞いたときに楽しそうだなぁと思って。アイドルも活動休止状態だったので…、それで始めちゃいました(笑)。

── なるほど、そんな感じだからデビュー作(『新人AVデビュー活動休止中の女子大生アイドル専属Gカップ葵いぶき19歳』)で前日は「9時間ぐらい寝ました」って話になるのか。

いぶき そうです。本当に撮影前日は9時間寝たんですよ。

── 緊張してなかったってこと?

いぶき そうですね、前日は別に緊張というよりは楽しみだなぁって、なんか「明日は遠足だー!」みたいな感じのモチベーションで。

── でもスタジオに入った途端、急に緊張し始めますよねぇ。

いぶき むっちゃ緊張しましたね。(撮影する前に)もっと念入りな細かい打ち合わせが…、「ここはこうしてこうして、こう撮るよー」みたいなのがあるのかと思っていたら(スタジオに入ってすぐに)「そんじゃー撮るよぉー」ってなって。「えっー、軽ー」みたいな。

── あらかじめ台本はあるものの…。

いぶき そう。でも急に「どうしたらいいんだろう?」ってなって。

── そこで初めて緊張しだしたのか。まあそれも監督の狙いでしょうけどね。ドキュメントなので。

いぶき そうですよね。作り込まれちゃつまんないというのもありますからね。

── デビュー作は女優さんの戸惑いやら羞恥やら、初々しい素の反応が見たいのよね。

いぶき でも自分の中で何が正解かわからなくて。男優さんとの掛け合いもあるじゃないですか。

── そういえば月刊FANZAの記事で「綺麗なサーモンピンク」と褒められたって話をしてましたね。

いぶき ああ、オマ○コが…。(照) 最初、言われたときビックリしましたね。自分のマ○コなんて見ないじゃないですか? だからデビュー作のサンプル動画を見てみてまたビックリして「赤っ、めっちゃ赤いやん、大丈夫かなぁ」って。炎症起こしてるのかなぁと思ったぐらいだったんですよ。

── まあ肌が白いからね。それでどうでした、一発目のカラミは?

いぶき めっちゃ、気持ちよかったっす!

── あっ、緊張してわかんないまま終わった感じじゃないんだ?(笑) 気持ちよかったんですね。

いぶき (恐縮した雰囲気で)気持ちよかったっす。(笑)

── AV男優さん、上手ですもんね。

いぶき いやーもうびっくりでしたねぇ、ホントに。

── どこがよかったんですか。

いぶき 私、中イキしたことがなかったんですよ。

── ああそれ、デビュー作からずっと言ってましたね。

いぶき そう、ずっとそう思っていたんですよ。

── クリではイッたことがあるんですか?

いぶき クリではあるんですけど、中イキはしたことなくて。

── でもなんでそこまで中イキしたいって思ったんだろう?

いぶき ええ、だってやっぱり「気持ちいい!」っていうじゃないですか。

── まあそうですよね。

いぶき 気持ちいいことしたいじゃないですか!(笑)。

タイトルとURLをコピーしました