【極柔Iカップ爆乳女優 藤咲エレンインタビュー】「元々ずっとパイパンで、デビュー時に『生やそう』と言われて伸ばしていて。たまに美容室で買ったトリートメントもして伸ばしていたんですが…(笑)」後編

★シェアお願いします


現在OPPI専属女優として活躍中の藤咲エレンちゃんインタビュー!
昨年 AV OPEN2017でも受賞し名実ともに人気女優となった彼女ですが、中身は意外と(?)堅実!! そのギャップが素敵なエレンちゃんのインタビューを御覧ください。(後編)

初共演で知った他女優の力量! 単体契約を勝ち取るべく勉強中

🔽インタビュー前編はコチラ

── AVの話も。今回の受賞作『爆乳に成長した同級生と1泊2日のハーレム中出し同窓会』は初共演作でした。

藤咲 楽屋はおっぱいだらけ。大小、様々な形があると思いました。勝手に「この張りの強さは生理前かな?」なんて考えたり。正直言えば、コミュ障なので控室でもどう話していいか分からず……外に逃げて監督さんと話していたり(笑)。でも今日の授賞式も皆さん優しくて、同じ「フィッチ専属」で良かったと思いました。

── 撮影はどうでしたか?

藤咲 他女優さんの撮影スタイルが見れて勉強になりました。潮吹きには事前にポカ〇スエット飲むと出やすいとか、よだれの使い方が上手かったり。

── 最新作『パイパン全裸奴隷 夫の部下に剃毛調教された爆乳妻』の話も。マゾ役はほぼ初挑戦では?

藤咲 そうですね、明確な男尊女卑の世界観は初。台本もらった時は少し「嫌だなぁ……」と思いましたが、あくまでもお芝居の世界。私レベルが断るのもおこがましいので。

── また謙遜を(笑)。

藤咲 女優としてサド・マゾ問わず、マルチに出来たほうが良い。一つの挑戦として良かったと思います。

── パイパンはどうでしたか?

藤咲 元々ずっとパイパンで、デビュー時に「生やそう」と言われて伸ばしていて。たまに美容室で買ったトリートメントもして伸ばしていたんですが……(笑)。今また生やしていますが、完全に伸び切ってないので、次回作もちょっと微妙な陰毛ですね。

🔽次のページ キカタンになったら正念場!