deraT
maccos

【「鼻、ワキ、足の裏、頭皮」が好きな監督歴27年の巨匠・アキノリ!】特にフェチ度が強かった作品とは!?「おりものシートモノを撮ったら、熱烈なおりものシートファンの方から事務所に手紙が届いたんです(笑)」(中編)

wakuwaku1 honey deraT maccos

今夜もシコってますか!? 改めまして、アダルトビデオ芸人のリボルバーヘッドです!今回のインタビューは、数々のドエロいフェチモノを世に送り出し続ける人気AV監督・アキノリ監督にお話を伺いました!アキノリ監督の作品はコアな性癖のモノから、誰もが共感するようなディティールに凝った男の妄想を具現化した秀逸な内容のモノまで多岐に渡り、長年我々世の男性の股間を硬くし続けてくれているんです。
むろん、私はアキノリ監督の大ファンで、特に「ワキモノ」が大好きなのであります(笑)。という訳で前編では、新しくキスモノに特化される方針に変更されたということでその真相や、新作のミドコロをたっぷりとお話頂きました!
今回の中編では、フェチ度が強過ぎて売れなかったという伝説の「おりものシートモノ」のお話をしてもらっています!ぜひ最後までお付き合い下さい!!!(全3回、中編)

『「百人とヤッたヤリマンなんです!」って言う子はあまりエロくなくて、マンコでイカない子が多いんです。』

—— 前編に引き続き、キスモノに特化したという「顔面接吻」シリーズのミドコロを教えて下さい!第一弾で天然美月ちゃんを器用した理由は何かあったのですか?

顔面接吻 ~ベロで顔を犯●れる~ 病院内で接吻ハラスメントされヨダレまみれのCRAZY KISSで求め合う看護師 天然美月

アキノリ 彼女は昔の名前の時に一度撮ったことがあるのですが、その時に「汚いおじさんとのベロベロキスが好き」っていう話をしていたんです。

—— 【職場でヤレる女】 俺が教育係となった新卒の女の子 セフレ関係になり勤務中に中出しとごっくんさせた性交記録 経理部(22歳) かのんちゃん 天然かのん(天然美月)」ですよね!!!その作品は大好きな作品です!!!!!

アキノリ 見て頂いていたのですね(笑)!ありがとうございます!

—— 特に好きなシーンは手マン直後の自らのマン汁がたっぷりとついた相手の指を「舐めたい♡」とお願いして、ベロベロ舐めちゃうシーンとかはたまらなかったです!!!
自分の体液を美味しそうにススッちゃうあたりはさすがの美月ちゃんでしたね。さらにこの作品は事務仕事をしている女性が着がちなオーバーブラウスコスプレでしたので、この衣装にプラスして、仕事用の丁寧な喋りからのエッチになった瞬間の甘えた空気感に萌え勃起しちゃいました!!!美月ちゃんは、あどけなさも残しながら、キリッとした大人の女性の雰囲気もあるので、この設定がバチっとハマっていたんです。
パンストを破かれてエッチをするシーンも、私はさほどパンストフェチではないながらも興奮してしまいました!なんか画面から蒸れた匂いが伝わってくる感じがしたんです(笑)。そしてプリっとしたお尻をバックで突かれた時の、美顔を崩しまくってイキまくる姿も激エロでした!
ここまで感じている表情を曝け出してくれる女の子って、なかなかいないですからね。そんなお顔にラストはザーメンをぶっかけられ、しっかりとお掃除フェラをするご奉仕精神はさすがでした!!長々とすいません!

アキノリ 語る熱量が凄い(笑)!!丁寧に見てくれて嬉しいです!

—— 話を中断してしまいましたが、キャスティングをした経緯の続きを教えて下さい!

アキノリ 彼女を第一弾にした理由は、彼女なら「汚い男にヤラレて嫌がって、ベロベロとヤリ返す」というストーリーが確実にできると思ったんです。

—— たしかにドンピシャのキャスティングですよね!!実際に撮ってみていかがでしたか?

アキノリ 唾をいっぱい出してくれたので良かったのはもちろんなのですが、過去にキスモノを撮ったことがある彼女でも「予想以上に唾の量が多かったです(笑)。」っていうぐらいの唾の量だったんです!

—— 美月ちゃんが言うなんて相当なのですね!!!!より楽しみになって参りました!!!!!

アキノリ でも彼女は、それでも楽しんで帰ってましたからね(笑)!

—— アキノリ監督のフェチの中でもキスモノは大衆向けな一面があると思いますが、もし売れることを気にしなかったらどんな作品を撮られるのですか?

アキノリ やっぱり鼻ですね~(笑)。実は昔に鼻コキや、鼻舐め作品を撮ったことがあるんです!

—— えぇ!?そうだったのですね(笑)!結果はいかがだったのですか?

アキノリ 全く売れなかったですね(笑)。あと、おりものシートの作品も撮ったことがあるんです!

—— 生理用品のおりものシートですか!?!?

アキノリ はい!会議が終わったOLが謎の小袋を持ってトイレに行って、それまで着けていたおりものシートを外すシーンを撮ったりしたのですが、これは全く売れなかったですね(笑)。

—— 衝撃的なレベルのコアな作品ですね(笑)!

アキノリ 女の子によって貼り方や畳み方が全然違うので、そういったのが撮っていて面白かったんですけどねー(笑)。でも熱烈なおりものシートファンの方から事務所に「素晴らしかったです!」っていう手紙が届いたんです。しかも3人も!

—— 全国に3人おりものシートマニアがいるということですね!!!

アキノリ でもさすがに3人の為には撮れないなってことで、すぐに辞めちゃいました(笑)。まあこれはご褒美で撮ったぐらいのものです!

—— アキノリ監督の作品は途中にYouTubeの広告のようなPRがあったり、テレビのCM前みたいなテロップの演出があったりと、親近感が湧く編集をされている印象があります!
編集でこだわっていることを教えて下さい!

アキノリ それに関してはウチはDVDは辞めて配信だけにしたので、どこかで広告を入れようと考えたんです。

—— DVDであれば、最初か最後にはだいたいありますもんね。

アキノリ そうなんです。でもあれってちょっとウザくて見たくない人もいると思うのですが、より配信だと見られないと思ったんです。でも「だったらもっとウザくしてやろう」と思って、短くした広告を作品の中に入れたんですよ(笑)。

—— あまのじゃく精神だった訳ですね(笑)!!

アキノリ でももう飽きちゃったのでやっていませんが(笑)。あと意識しているのは、撮っている段階からユーザーさんの気持ちになることです。現場で「これ最高だ!」と思っても、そりゃ生でノーモザイクのアソコを見ている訳なので当たり前じゃないですか。そして編集をしている時も同じで、自分が撮っていたんだからいい作品って見えてしまいますからね。でもユーザーさんはそこにモザイクがかかった上で、お金も払っていますからね。それでも「最高の作品!」と言ってくれた作品が最高の作品なので、ここは勘違いしちゃいけないと思っています。

—— なるほど。たしかに現場で監督さんが感じられたことと、作品を買って視聴したユーザーが感じることって、当たり前ですが違いますよね。

アキノリ なので編集でこだわっていることはあまりなくて、現場での最初の素材をしっかりと撮るということに集中していますね。もっと言うと、面接でエロい子かどうかを見極めるという原点の部分を大切にしています。

—— 編集でどうこうやるのではなく、撮り切るところまでを重要視されているのですね!!面接でエロい子を見極めるコツとかはありますか?

アキノリ まず「心を開いてくれれば、股も開いてくれるだろう」と思っているので、できるだけ早くに心を許してもらって、本当のことを聞けるようにしているんです。会話的には「私、百人とヤッたヤリマンなんです!」って言う子はあまりエロくなくて、マンコでイカない子が多いんですよ。

—— 一見「ヤリマン=スケベ」というイメージはあると思うのですが、実際は違うということですか?

アキノリ ヤリマンの子はナンパをされたらすぐについて行ったりするので、男の性処理として淡白なセックスをやってしまっていることが多いんです。すると体は「セックスはこういうものだ」ということを覚えてしまうんですね。

—— たしかに女の子をイカせてあげる為のセックスをナンパ男はしなさそうですね。

アキノリ でも逆に付き合った男性と5年ぐらいの期間でずっとヤッている子だと、相手はちゃんと彼女のことをイカそうと開発をしているので「セックスはマンコでイクもの」ということを体が覚えるんです。そういうことを会話の中で探りながら面接はしていますね。

—— なるほど。わかりやすく変わった場所とかでヤリマンエピソードを話す子より、1人の男と家でじっくりセックスをしている子の方がエッチな可能性が高い訳ですね!

アキノリ そうだと思いますね。体は覚えるものなので!そういった会話と、話して感じた直感の部分を大切にしています!

—— 現場ではどのような空気作りを意識していますか?

アキノリ 友達のように話して、相手がやりやすい空気を作ってあげることですね!怒ってもできないものはできないので、できなくても「あ、ごめん!ちょっと技術トラブルだから他をやろうか!」みたいな感じで場を和ませながらやっています。でも昔は相手が泣くまで怒っていたんですけどね(笑)。

—— 泣くまで(笑)!?!?

アキノリ 「お前いくつなんだよ?いい大人なんだからこれぐらいやれよ!」って徹底的に言って泣かして楽屋に返して、2時間ぐらい経って戻ってきたらまた撮るみたいな感じだったんです(笑)。

—— 今の柔らかい雰囲気からは全然想像がつきません、、、(笑)。何年ぐらい前の話ですか?

アキノリ 20年ぐらい前ですかね。中にはそんな感じで怒った子の中でめちゃくちゃ売れちゃった子がいて、売れた後に撮るってなったのですが、その子は現場入りするなり「なんでまた私を撮ろうと思ったんですか!」って震えっちゃていたこともあって(笑)。

—— 相当なトラウマだったんでしょうね(笑)。でも当時はなぜそんなに怒っていたのでしょうか?

アキノリ 僕は20歳から監督をやっていたので、だいたい女優さんの方が年上だったんです。それだったので舐められたくなかったんでしょうね。「俺はこれぐらい仕切れるんだぞ」っていうのを見せる為に、キャラクターを作っていたのだと思います。

—— そういうことだったのですね。当時のAV監督さんは平均で何歳ぐらいだったのですか?

アキノリ 今とあまり変わりはありませんが、3050代ぐらいでしたね。しかも当時の女優さんは今と違ってバイト感覚の子が多かったので、朝まで飲んで現場に来るってこともザラだったんです。なので舐められたら全然言うことを聞いてくれなかったので、意図して厳しくやっていましたね。それで僕も歳を取ってきて女優さんを追い抜いてきたというのと、時代もあいまって今のようなやり方になっていきました。

—— 男優さんに求めていることを教えて下さい!

アキノリ 単純に僕にできないことをやってくれということですね。セックスで僕がイカせられる相手だったら僕でもいいですので、男優はセックスのプロですから無理難題な状況であっても絶対にイカせるぐらいであってほしいんです。

—— なるほど!!でもセックスが上手いというのはどこで見極めるのですか?

アキノリ 僕の現場に初めてきた男優には好きなようにやってもらって、まずは泳がすんです。それで見極めるというより、自分の作風に合うかで次にキャスティングをするのかを決めるのですが、セックスか絡みのどちらか一個でも上手かったらいいですね。

—— セックスと絡みはどう違うのですか?

アキノリ セックスが上手いというのは抽象的ですが、本当に相手を気持ち良くさせるかみたいなことですよね。絡みが上手いっていうのは、カメラへの見せ方だったりのAV作品的な目線からの話です。両方できるのがベストですが、最悪でもセックスが上手かったら見せ方は僕が作るものなので何とかできますからね。求めることと言えばこの点ぐらいです!

————-

以上、「鼻、ワキ、足の裏、頭皮」が好きな監督歴27年の巨匠・アキノリ監督のインタビュー中編でございました!おりものシートモノはさすがにフェチ度が強過ぎましたね(笑)。
ちなみにこの時は、大好きなおりものシートモノを撮れるということでテンションが上がりまくっていたアキノリ監督でしたが、あまりにマニアックなシーンばかりを撮っていたことから周りにいたスタッフに「アキノリさん。さすがにトイレのカットが多過ぎないですか?」と指摘されてしまったそうです。
でもこのように自分の好きを貫く姿勢は純粋にカッコいいなと思いました!!!!!
明日公開の後編では、そんなアキノリ監督がAV監督になるまでをお話頂きます!オリンピックの○○なシーンを見て興奮してオナニーをしていた!?ぜひお楽しみに!!!!!!

後編予告

・様々なオナニー方法を試してきたアキノリ監督が辿り着いたオナニーのやり方は、自分の足に女性がしそうなペディキュアを塗って、それを見て妄想して興奮するという驚愕な手法だった!?

・村西とおる監督のお弟子さんであるターザン八木さんに飲み会の席で言われた一言が、若き日のAV監督を辞めようと思っていたアキノリ監督を救ったそうです!

・ナンパモノの撮影の為にテレクラを利用したアキノリ監督。すると女の子二人と繋がって3Pをする展開になったそうなのですが、そこに現れたのは想像とはかけ離れ過ぎた○○な女性だった

乞うご期待!!!

 

(取材:リボルバーヘッド)

リボルバー・ヘッド @RevolverHead01
ピン芸人。代表ネタは、山田孝之演じる全裸監督の村西とおるのモノマネ。吉本若手マッチョ部としてクリスタルジムでパーソナルトレーナーも務める。
■YouTube『リボルバーチャンネル
 
 
タイトルとURLをコピーしました