【アタッカーズ20周年記念インタビュー!川上奈々美、希島あいり、希美まゆの専属三人娘、アタッカーズを語る!前編】「アタッカーズに出演してわかりました。女って残酷な生き物だなって」(川上奈々美)

★シェアお願いします

AVメーカー・アタッカーズが今年20周年! 
ということで、現在専属女優として活躍中の、川上奈々美ちゃん、希島あいりちゃん、希美まゆちゃんに集まっていただき座談会をしていただきました!
凌辱メーカーとして名を馳せるアタッカーズとはどんなメーカーなのか? 御三方に語っていただきましょう!!

アイデアポケットからの 移籍を決断した理由とは?

──では、まずアタッカーズでは一番先輩となるみぃななちゃんから、改めてキャリアを教えてください。

川上奈々美(以下、川上2012年デビューで、6年目になります。2015年の5月作品からアタッカーズ専属になりました。

希島あいり(以下、希島デビュー5年目で、アタッカーズ専属は2016年の4月作品からです。

希美まゆ(以下、希美デビュー9年目になりました。アタッカーズさんは2016年3月からです。

── 皆さんアイデアポケットから、なぜ、凌辱シーンが売りのアタッカーズへの移籍を決めたのでしょう。

川上 お芝居が大好きなのはもちろんなんですが、川上ゆうさんを好きで、彼女のアタッカーズ作品を見た時に、映画じゃないかと思うほどクオリティが高いドラマだったので、興味を持ったのが最初です。実際に移籍が叶った時は、こりゃ頑張らなきゃなと思いました。

──アリスJAPANとアイポケで一通りの仕事をやったよね。素人のオタク宅訪問とかも。

川上 はい。可愛い服もいっぱい着せてもらえたし、素の自分を出す作品もやれました。今度はドラマ物を突き詰めたいなと思って、今日に至ります。

希島 私もアイポケさんでデビューした時からドラマ物の作品をやりたかったんです。もともとお芝居が好きだったし、いろんな役になりきって演じられたらいいなって思ってたので、毎回新鮮で、どういう風に人妻の色気を出せばいいんだろうかと研究もしています。

希美 人妻役が多いっていうのがハードル高いよね。

希島 そう。色気を出すために、私は胸がないから、寄せて谷間を見せようとか(苦笑)。 

──なるほど。レイプ魔が寄ってこないと話にならないわけですからねぇ(笑)。

希美 私はずっとアイデアポケットさんだったんで、他のとこ行くのが怖かったんですよ。でも、アタッカーズさんに声をかけていただいて、天海つばさちゃんに聞いたら、すごくいいメーカーだよと言ってくれたんで、やるしかないなと思って。

── 実際入ってみてどうだった?

希美 すごく居心地いいです。

── 撮影で、これはしんどかったという思い出はありますか。

希美 『奴隷色のマンション メゾンド薮田』です。黒マスクの男が怖すぎました。表情が見えないから。

希島 私は、作品とかじゃなくて、アソコがちっちゃいから、おっきければおっきいほど痛くなっちゃうんで、それがつらいけど、まぁ気持ちもいいです。アイポケの時は大人数物がきつかったんですけど、アタッカーズはそれがないから、そんなにしんどい思いはしてないです。

川上 私はドMだから、基本、毎回しんどいのが気持ちいいんですよ。

── 頼もしいなー。絶叫してるのはむしろ快感?

川上 そうなんですよ。でも、やってる時はしんどいんですけどね。

>>次のページ レイプ魔に快感を覚えて旦那を裏切る女の演じ方