deraT

【川上奈々美主演『東京の恋人』上映レポート!】AV界には川上奈々美がいる! 映画界にも川上奈々美がいる! 覚悟を決めた「全身女優」の告白と作品を見よ!

wakuwaku1honeyderaT

川上奈々美主演・映画『東京の恋人』

川上奈々美は「対抗戦女優」だ。何に対抗しているのか。もちろん「世間」だ。

敵の姿が見えない対抗戦に勝つための武器は、女優として当たり前の技術である演技の力のみ。改めて言うまでもなく、彼女はその力を十分に有している。

いまだ偏見や差別の目で見られがちなAV女優にとって、正当性を世間に知らしめる存在は、多くのアワードを受賞したAV女優でも、他ジャンルで器用に立ち振る舞うAV女優でもなく、演技の力を宿した川上奈々美だけだと思っている。

その光景を目の当たりにしたのが、2018年に開催されたアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」の舞台挨拶と上映作品だった。

一家言ありそうな映画好きの前で、堂々と舞台挨拶に立ち、映画、そして、AVの魅力を語り、女優・川上奈々美の存在を知らしめたのだ。

その彼女がW主演を務めた映画『東京の恋人』が現在、東京・渋谷にある「ユーロスペース」で上映中(全国順次ロードショー)だ。

 

女優、そして人間・川上奈々美の生き様

今回、「いかにして演技に目覚めたのか?」、「彼女にとって東京とは?」、「恋人とは?」を聞き、女優、そして人間・川上奈々美の生き様を語ってもらった。

——————–

── 『東京の恋人』を見させていただきました。映画を観て「何かを諦めた人」に見て欲しいと率直に思ったんです。それは再チャレンジをうながす、安っぽい自己啓発のような意味ではなく、「普通の日常は強い」ってことを再確認できたんです。刺激的な毎日よりも、平坦な日常を生きていくことこそ強さが試されるんだってことを。川上さんは「何か諦めたこと」はありますか?

川上奈々美(以下、川上) AVを辞めようと思った時に有名になることを諦めようとしたのと、あと役者を何度も諦めようとしました。

── でも、いま十分、役者として活躍していますが。

川上 私は結構、周りから気合を入れられないと「この野郎!」ってならないタイプで、内田(英治)監督が完全にケツを叩いてくれました。「キミ、このままじゃヤバいよ」って言ってくれて、『全裸監督』にキャスティングしてもらったんです。

── 内田監督には『全裸監督』前にも数本、撮ってもらっていますよね。内田監督との出会いが役者として前進したきっかけですか?

川上 3本撮ってもらっています。その時は何も言われなかったんです。でも、その後、内田監督は私の芝居を全部見ていたんです。それを見て「ああ、コイツ芝居がヤバくなっているな。慣れてきて下手くそになっているな」って言われたんです。

『下衆の愛』(内田英治監督)の頃の初々しさがなくなって、感情を与えたり、受けたりすることを忘れた芝居をやっていたんです。AV芝居ってやっぱり形だけじゃないですか。それに慣れちゃって、自分では芝居ができていると思っていたから、『全裸監督』の撮影前に「じゃあ、しごくか」って言われたんです。

『全裸監督』で現場入りした時、私はAV女優だから「そりゃ芝居はできないわ」って気持ちになっていて、周りに圧倒され「しょうがない」みたいな芝居をしていたんです。

その時に年末年始のお正月休みが入って、内田監督界隈の忘年会に呼ばれ「イヤだなあ」と思いながら行ったら、そこで内田監督に「キミ、ヤバいよ。どうすんのこのあと? 3話までめちゃめちゃ面白くなっているのに、4話でつまらなくなったらキミのせいだから」って言われたんです。

── 川上さんは3、4話に登場しましたからね。

川上 私はこういう性格なんで、「そっすよねえ。分かってるんすけど、どうしたらいいか分からないんですよ」って言ったんです。とにかくその忘年会で喝を入れられて、その後、プライベートですさまじく練習をしたんです。いま思い出してもやりたくない練習ですけど、それを通して役者ってこういうことなんだなって思いました。

── どういう練習ですか?

川上 リリー・フランキーさんとのシーンを練習していたんですけど、AV業界にいて闇堕ちしたことをずっと鏡に向かって自分に言っているんです。「終わった。お前は終わっている」ってずっと言っていたら、本当に終わっちゃっていると思ったんです(笑)。撮影はすごく上手くいって、みんなに「お疲れ様」って言われたんですけど、そこから三か月くらいずっと引きずって苦しかったんです。

実際に私はAV出演が家族にバレた時、うちの兄が私のAVを見て「ああ、アイツ終わった」って母に言ったらしいんです。そのセリフがずっと頭にあったから、「終わった、終わった」ってずっと思っていたんです。そのタイミングで「小説を書きませんか」っていう話もきていて、自分の中でいままでの10年間を整理する期間に入ったんです。本当に「AV=終わっている」のか?って。

── それを克服できたのはどういうタイミングでしたか?

川上 今、役者の仕事に関しては、映画の仕事が来たとしても、自分のギャラ設定を自分で決める形になっていて、私の中で脱ぐことをすごく安く見積もっていたんです。

20代前半の普通の女優さんに「下着だけだと1日撮りでいくら?」って聞いたら、「20万」て言われたんです。私、5千円とかなんですよ(笑)。だから、「これはヤバい。私はやっぱりおかしくなっているんだな」って改め直しました。

脱ぐことに関して別にもう抵抗はないし、それはお芝居なんだから何が悪いんだって思っていたけれど、私が安く見積もっていたら、他の役者さんの脱ぎシーンが安くなっちゃうから、役者業界をダメにするんです。

「女の子の脱ぐ価値を私が上げていかないと」って思い、それからはめちゃくちゃ高く見積もって、ギャラ以上のパフォーマンスもしました。その間、どの撮影現場に行っても「肩書AV女優」は取らないでいたんです。キャラクターが強くなるから。「実はAVをやっていて」って言えば、みんな食いついてくれるから。

でも、内田監督に今年初めに言われたんですよ、「キミはもうAV女優の肩書を捨てた方がいいよ。役者として技術を磨いて、それで上がってこないと、それ以上いけないよ。どうするの?」って。内田監督と私って変な感じですけど一緒の立場なんです。一緒にどこまでやれるか切磋琢磨の関係なんです。

── 師匠であり、ライバルみたいな関係ですね。

川上 内田監督には「AV女優という肩書を失くして、まっさらな状態で役者をやっています」と言って、一緒に芝居をやりたいと思わせないといけないって思っています。そこから「特技は芝居です。芝居ができます。私を使ってください」って言うようになりました。その「クソ」って思った時に女優を諦めたくなりました。

── その内田監督の言葉があり女優を諦めなくて、いまの川上奈々美の地位を築き上げたんですね。

>>次ページ「AV女優から俳優として売れたら第二の人生が救われる人もいるんだろうな。だから私は絶対に売れます!」

タイトルとURLをコピーしました